福井県立歴史博物館 常設展示 アクセス 図録通販
TOP > 企画展示

  企画展示カレンダー

過去の企画展示一覧はこちら>>

2019年11月

企画展・イベント 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
エントランスギャラリー 写真展「真宗道場」
写真展
2F 特別展示室 特別展「ふくいの鎮守さま」      
1F 展示室 特別公開「描かれた「即位の礼」」                                      
イベント  

2019年12月 

企画展・イベント 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
エントランスギャラリー 写真展「越前海岸のくらし」(仮)
 
 休館
2F 特別展示室      
1F 展示室      
イベント      

2020年1月

企画展・イベント 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
エントランスギャラリー

「越前海岸のくらし」(仮)
2F 特別展示室 新春企画「十二支の動物たち」(仮)
1F 展示室
イベント

特別公開

10月12日(土)〜11月10日(日) 休館日 10月23日(水)・24日(木)・25日(金)
「描かれた「即位の礼」―光格天皇・大正天皇・昭和天皇の即位― 

□1F オープン収蔵庫
□観覧料:入館料(一般100円、高校生以下・70歳以上の方無料)のみでご覧になれます。



↑ページトップへ

特別展

10月26日(土)〜11月24日(日) 会期中無休
「ふくいの鎮守さま―神と真宗道場が織りなす信仰世界―」 

□2F 特別展示室

■関連イベント
  10月27日(日)14:00 展示説明会
  11月 3日(日)14:00 展示説明会
  11月16日(土)14:00〜15:30 ふくい歴博講座「ムラの神・仏を守れ!―過疎化時代の文化財」(仮)
  11月24日(日)終日  移動講座「最古の神像と国宝の菩薩を巡る―松尾大社と宝菩提院」
               定員35名・先着順(電話受付)・参加費1500円程度

□観覧料:一般400円、大学・高校生300円、小中学生200円、70歳以上の方200円
*20名以上の団体は2割引。特別展のチケットで、館内の展示はすべてご覧になれます。
*身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は、手帳を提示いただきますと、本人およびその介護者1名の特別展観覧料は半額となります。

勝山市比島道場外観
阿弥陀如来立像 勝山市比島道場
  深い緑を湛(たた)えた神社は、集落の象徴であり、そこに暮らす人々を守る鎮守の神さまの在所とされました。今回の展示では、現代でも祭りなどを通して馴染み深い鎮守さまについて取り上げます。
  天皇を中心とした古代国家の成立過程で仏教の影響も受け、いわゆる神道が整備されます。平安後期以降、国家を守る神々が地域の守り神となるとともに、神仏習合の深化や有力神社の地方勧請など、神の世界は新たな展開を迎えます。福井でもこうした神社が見られます。
  展示では姿なき神の「すがた」を映した神像や神社に祀られた仏像を中心に、福井県嶺北地方の鎮守さまの歴史と思想を読み解きたいと思います。また、神社とともに、浄土真宗の道場についても取り上げ、集落の信仰について考えてみたいと思います。
↑ページトップへ

イベント

11月16日(土)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「ムラの神・仏を守れ!―過疎化時代の文化財―(仮) 

□1F 研修室
□ライフ・アカデミー連携
□講師:河村健史(当館学芸員)
申込不要・当日受付・筆記用具持参
↑ページトップへ

企画展

1月3日(金)〜2月25日(火) 休館日 1月8日(水)・22日(水)・2月12日(水)
「十二支の動物たち―館蔵資料を中心に―」 

□2F 特別展示室
□観覧料:入館料(一般100円、高校生以下・70歳以上の方無料)のみでご覧になれます。
*20名以上の団体は2割引。

 
引札「若狭遠敷 瀧 彦左衛門」 馬(若狭メノウ製)  
 
 令和2年(2020)の干支は「子(ね)」。十二支の最初の年にあたることにちなみ、館蔵資料を中心に、十二支の動物たちを展示します。
 引札、絵馬、工芸品などの福井ゆかりの資料から、あなたの干支の動物を探してみてください。
 
 
 
↑ページトップへ

イベント

1月18日(日)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「戦国時代の文書を読む」(仮)

□1F 講堂
□ライフ・アカデミー連携
□講師:大河内勇介(当館学芸員)
申込不要・当日受付・筆記用具持参
↑ページトップへ

企画展

4月27日(土)〜5月26日(日) 休館日 5月22日(水)
「昭和・平成 ふくい観光史」  終了しました。

□2F 特別展示室
■関連イベント
  4月27日(土)14:00  展示説明会
  5月11日(土)14:00  展示説明会
  5月18日(土)14:00  ふくい歴博講座「平成福井の観光史」 研修室
  5月19日(日)14:00  展示説明会
□観覧料:入館料(一般100円、高校生以下・70歳以上の方無料)のみでご覧になれます。
*20名以上の団体は2割引。

 
味わいふれあい越前若狭 福井県芦原温泉  福武電鉄・南越鉄道沿線名所図会
 
 
 近年、日本国内では、様々な人々によって観光振興の動きが進められています。
 江戸時代に庶民の間に広がった旅文化は、近代になると、交通の発達などに伴ってさらに多くの人々にとって身近なものとなっていきました。
 この展示では、主に昭和や平成の時代における福井県内の観光に関する資料を紹介し、地域の人々が、観光振興という営みを通じて、自らが住む地域とどのように向き合ってきたのかを考えます。
 
↑ページトップへ

特別公開

4月27日(土)〜5月26日(日) 休館日 5月22日(水)
「今上皇帝御即位之図(橘家文書のうち)  終了しました。

□1F オープン収蔵庫
□観覧料:入館料(一般100円、高校生以下・70歳以上の方無料)のみでご覧になれます。



↑ページトップへ

イベント

5月18日(土)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「平成福井の観光史」   終了しました。

□1F 研修室
□ライフ・アカデミー連携
□講師:橋本紘希(当館学芸員)
申込不要・当日受付・筆記用具持参
↑ページトップへ

特別展

7月20日(土)〜9月1日(日) 会期中無休
「家事・家電・家庭のうつりかわり ―「主婦」の近代―」  ※終了しました。

□2F 特別展示室

■関連イベント
  7月21日(日)14:00 展示説明会  ※終了しました。
   7月27日(土)14:00〜15:30 ふくい歴博講座「家事と家電」  ※終了しました。
  7月28日(日)14:00 展示説明会  ※終了しました。
   8月 4日(日)14:00 展示説明会  ※終了しました。
  8月11日(日)14:00 展示説明会 ※終了しました。

□観覧料:一般400円、大学・高校生300円、小中学生200円、70歳以上の方200円
*20名以上の団体は2割引。特別展のチケットで、館内の展示はすべてご覧になれます。
*身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方は、手帳を提示いただきますと、本人およびその介護者1名の特別展観覧料は半額となります。


『主婦之友新年号附録 奥様百科宝典』
『主婦之友』第19巻第1号付録
「東芝家庭電気器具」

 家庭での炊事洗濯などの家事は、明治時代以降、女性によって担当されるものという考えが主流となり、「主婦」という言葉も「家庭での家事・育児を担当する女性」を指してきました。
 従来、家事は重労働であり、そのため、洗濯機や掃除機など、さまざまな家庭用電気器具(家電)が考案され、改良されてきました。そうした家電は「主婦」をターゲットとして雑誌などで盛んに宣伝されています。また、そうした雑誌では、期待される「主婦」像や家庭のあり方も語られてきました。
 そのような女性向け雑誌や家電などの生活用品を通して、明治から平成にかけての生活の様子や家族のかたちの変遷を、またそれとともに女性の就業率が高く、共働きも多いとされる福井県のようすについても紹介します。 

詳しくはこちら(新しいウィンドウが開きます)。
↑ページトップへ

イベント

7月27日(土)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「家事と家電」(仮)  終了しました。

□1F 研修室
□ライフ・アカデミー連携
□講師:川波久志(当館学芸員)
申込不要・当日受付・筆記用具持参
↑ページトップへ

イベント

9月21日(土)14:00〜15:30
ふくい歴博講座「町の写真を探る―いつ?どこで?の手がかりあれこれ― ※終了しました。

□1F 研修室
□ライフ・アカデミー連携
□講師:瓜生由起(当館総括学芸員)
申込不要・当日受付・筆記用具持参
↑ページトップへ
〒910-0016 福井県福井市大宮2-19-15 TEL:0776-22-4675 FAX:0776-22-4694
http://www.pref.fukui.jp/muse/Cul-Hist/