相談窓口

 警察本部及び各警察署生活安全課(係)においてサイバー犯罪に係る相談窓口があります。
 もしサイバー犯罪の被害にあったら県警本部又は最寄りの警察署に相談してみてください。

 相談をされる前に「相談をされる前のお願い」を確認してください。

電話での相談

福井県警察本部

警察安全相談室 (0776)26-9110
福井県警察本部サイバー犯罪対策室 (0776)22-2880(代表)

警察署

各警察署生活安全課(係)
福井(0776)52-0110   福井南(0776)34-0110   大野(0779)65-0110
勝山(0779)88-0110   坂井(0776)66-0110   あわら(0776)73-0110
坂井西(0776)82-0110   鯖江(0778)52-0110   越前(0778)24-0110
敦賀(0770)25-0110   小浜(0770)52-0110
 

電子メールでの相談

 メールによる相談も可能です。

 
E-mail: kenkei@pref.fukui.lg.jp

※注意
 メールによるご相談の場合、回答に数日かかる場合もございます。
 回答を希望される方は、本文にその旨をご記入の上、
 住所、氏名、年齢、電話番号(平日の日中に連絡可能なもの)を必ず入力してください。
 連絡先の記入がない場合は、回答いたしかねます。
 すぐに解決したい場合は電話・訪問などにて相談お願いします。


相談をされる前のお願い

 よりスムーズに相談が受けられるように、 「なぜ」、「何を」、「誰が」、「どこで」、「いつ」、「どのようにして」といった事項をまとめ、 必要であれば参考資料などを用意するようお願いします。
 以下に事例を挙げましたので参考にしてください。


■有料サイト料金請求に関するトラブル

  • どこのサイトを利用したのか記録する。
  • アクセスしたときにどのようなことを表示されたかを記録しておく。
  • 受信したメールは、すべて記録・保管しておく。(パソコンにて受信したメールの場合はヘッダ情報も含む)

■インターネットオークションに関するトラブル

  • どこのオークションサービスを利用したのか記録する。
  • オークションが識別できる符号(ID)や、相手のID・メールアドレスなどを記録する。
  • 相手とのメールのやりとりをメールヘッダ情報を含めてフロッピーディスク等に記録する。
  • 電話、郵便といった手段を問わず、相手との連絡(やりとり)はすべて記録しておき、時系列順に整理しておく。
  • 振込用紙など支払い事実を証明できるものは保管しておく。
  • 相手方の住所が実在するかどうか「内容証明郵便」で確認した場合、その記録を保管しておく。

※注意
 相手とメールの連絡がとれないといっただけで相談に来る人も見受けられます。
 メールだけではなく、電話及び郵便でも連絡を取ってみてください。


■不正アクセスに関するトラブル

  • 利用しているサービスについて、契約書など利用していることがわかる文書を。
  • 不正アクセスを受ける前の、利用ID、パスワードを記録する。
  • 不正アクセスを受けてどのようなことが起こったかをまとめる。
  • 利用サービスの担当窓口とのやり取りメールがあれば、保管しておく。

■インターネット掲示板、ホームページの書き込みに関するトラブル

  • どこのサイトに掲示されていたかを記録しておく。
  • どのような文言が書いてあったのかを確認できるようにするため、すべて記録もしくは印字しておく(後日消去される可能性があるため)。

■メールに関するトラブル

  • 受信したメールは、ヘッダ情報を含め、すべて記録・保管しておき、時系列順に整理しておく。

戻る | 福井県警察のトップページ