第1回小浜警察署協議会

開 催 日

平成30年5月15日(火)

開催場所

福井県小浜警察署

出 席 者

小浜警察署協議会委員7人
小浜警察署員10人(署長、副署長等)

協議会の概要 1 昨年度の提言
2 小浜警察署の業務等現況説明
 (1) 警務課、会計課
   警務課の業務
   会計課の業務及び遺失・拾得物取扱状況
 (2) 地域課
   地域課の構成
   110番通報の受理状況
   平成29年度雑踏警備状況
   高浜ブロックにおける海浜警備
 (3) 刑事生活安全課
   管内の犯罪発生状況
   管内の警察相談受理状況
   検挙事例(空き巣、タイヤ盗)
 (4) 交通課
   交通事故発生状況
   交通事故防止対策
 (5) 警備課
   警備課の主な業務
   本年度の主な重点業務
   大飯原発4号機再稼働に伴う警備実施
   国際港におけるテロ対策
   北朝鮮による拉致容疑事案等の捜査
   非常参集訓練の実施
3 本年度の活動方針
 ・ 高齢者を対象とした事件・事故抑止対策
 ・ 効果的な犯罪抑止対策など
4 質疑応答
 
○委員 不動産業をしているが、先日小浜署から国体があると
      いう事で不審な人や事柄に関する情報提供の依頼があ
      った。他県で国体に合わせてテロ等をもくろむ人が入県
      したような事例があるのか。
  ●警察 九州で国体が開催された際に、天皇制に反対する集
      団が国体開催県に入県して活動した事例がある。天皇
      制に反対する者が、天皇陛下に非常に近いところまで接
      近して発煙筒を投げるといった事案も発生していることか
      ら、本件では、事前対策を進めている。様々な観点から
      実態把握を行っているので、御理解・御協力をお願いし
      たい。
  ○委員 新潟の女児が誘拐された事件を受け、小さいお孫さん
      がいる知人が、学校から不審者情報のメールが送られて
      くると聞いている。そういった情報は、警察から学校に情
      報提供を行っているのか。
  ●警察 警察が把握している情報を学校に提供し、また学校か
      らも警察に情報を提供する、というように相互協力をして
      おり、警察ではリュウピーネットというもので情報を配信し
      ている。
      小さい子供を狙う犯罪、声掛け事案は誘拐事件に発展
      する恐れがあるので、連携を密にしている。小浜署管内
      でも声掛け事案が発生しており、そのような事案があった
      際には警察に通報してほしい。
  ○委員 不審者情報等は、学校に通っている子供がいる保護
      者には伝わるが、小さい子供がいない人には伝わらない
      。リュウピーネットもあるが、スマートフォンやインターネッ
      トを利用しない高齢者にはどのように発信したらよいか。
  ●警察 警察としては、駐在所や交番を通じてチラシを配布した
      り、防災無線を活用するなどして情報を配信していく。
  ○委員 週に一度、通学路の見守りをしており、小学校低学年
      の子供たちに話を聞くと、学校から安全教育はされてい
      るが、本人たちが理解出来ていないように思う。学校と警
      察が連携しているという事で安心感はあるが、未然に犯
      罪を防ぐ視点からいえば、通学路を一緒に歩いたり、危
      険箇所を教えるなどといった活動も必要だと思うし、「11
      0番の家」など安全な場所を周知していくことも大切だと
      思う。
  ○委員 見守り隊も高齢化が進み、人手不足である。「今から
      下校します。」といった内容の放送があれば、地域の人
      の関心が湧くのではないかと思う。
  ●警察 一番の問題は、不審者が不審者らしくないところにあ
      る。見守り活動は、住民が監視しているという環境を醸成
      し、犯人にとっては犯罪を起こせない環境をつくることに
      なるので、非常に大切だと思う。
       また、警察も新潟の事件をうけて、現在は危険箇所の
      洗い出しや対策も行っている。
5 本年度の提言
 ・ 関係機関と連携した子供に対する見守り活動・教育
 ・ 犯罪抑止のための効果的な情報発信と広報