第4回小浜警察署協議会

開 催 日

平成29年12月11日(

開催場所

福井県小浜警察署

出 席 者

小浜警察署協議会委員6人
小浜警察署員9人(署長、副署長等)

協議会の概要 1 小浜警察署の近況報告
 (1) 警務課
  ア 県下柔剣道逮捕術大会の結果
  イ 幼稚園児の警察署訪問

 (2) 地域課
  ア 交番・駐在所の紹介と日々の活動
  イ 海水浴客数
  ウ 水難事故発生状況
 (3) 刑事生活安全課
  ア 管内の犯罪発生状況
  イ 窃盗事件の検挙事例
 (4) 交通課
  ア 交通事故発生状況
  イ 交通事故防止対策
 (5) 警備課
  ア 県下一斉津波対応訓練の実施
  イ 中部管区広域緊急援助隊合同訓練の実施
  ウ 大飯原発3・4号機再稼働に伴う警備実施
2 質疑応答

  委員 北朝鮮の船舶が漂流したという報道を観るが、実際、
      この辺の海でもそういう事案はあるのか。
  ●警察 毎冬、半島からの漂着物として、漁具であったり、何ら
      かの部品であったりと月に何回か漂着している。当署管
      内では、船の漂着の報告はないが、三国のサンセットビ
      ーチでは船の板の部分が漂着したとの事案もあったため
      、今後発生がないとは言い切れない。そういう場合は、海
      上保安庁と協力して対応していく。
  ○委員 漂着物を見かけた場合はどうすればいいのか。
  ●警察 海上だと海上保安庁が最初に対応することになるが、
      漂着物を見かけたら警察でも海上保安庁でもいいので通
      報してもらいたい。
  ○委員 沿岸線を管轄する警察署として、特別な取り組みはし
      ているのか。
  ●警察 福井県そのものが長い沿岸線をかかえているので、沿
      岸線を抱えるすべての警察署が警戒をしている。現在、
      警戒態勢を通常時以上に強化しているので、何か見か
      けたら通報してほしい。
  ○委員 特殊詐欺の手口や対策、薄暮時の交通事故や反射材
      の活用について、警察からの注意喚起の防災無線での
      放送があり、大事なことだと思った。のどかなところに住
      んでいると、防犯意識が薄くなると思うので、今後もタイ
      ムリーな分かりやすい注意喚起をしたり、チラシや回覧
      板なども使って、住民の防災意識が向上するような活動
      を続けていただきたい。
  ●警察 協議会でも、高齢者を中心とした被害防止や事故防止
      を今年の重点の一つとして挙げているので、お年寄りが
      集まる場所をピックアップして、病院等において各種施策
      を行っている。
       また、自動車学校における教習車のドライブレコーダー
      の画像提供や会社等における防犯カメラの設置につい
      ても御協力をいただいている。
       ケーブルテレビもお年寄りがよく見ているので、各種広
      報を実施しているが、効果的な広報について御意見があ
      りましたら、知恵を拝借したいと思うので、よろしくお願い
      したい。
  ○委員 高齢者の交通安全教室でも、特殊詐欺などの話をして
      もらっている。これからも継続してもらいたい。
  ○委員 私たちの、昔の警察に対するイメージは、事件が起こ
      るとそれに対処するイメージが強いが、警察とかかわりを
      持たせてもらったところ、それだけではなく、犯罪の予防
      に力を入れているように感じる。例えば、パトカーにしても
      交通取締りをするだけでなく、今は、どんどん警らをして、
      暗にパトカーが交通ルールを守れよと言ってくれているよ
      うな取組に感じる。
       両方するのは大変だと思うが、その点で御苦労があれ
      ばお聞かせ願いたい。
  ●警察 本年の刑法犯認知件数は、11月末で199件で、昨年
      比47件減少している。抑止と検挙ということで、事故や犯
      罪が無いように防ぐ、また、発生したらできるだけ早く検
      挙して地域の皆様に安心していただくというのが警察の
      両輪である。
       しかし、警察だけで防犯についてお願いしていても限界
      があり、地域ぐるみで気を付けていただくことが大事であ
      る。
       委員の皆様にも、地域での御支援、御協力をしていた
      だきたいと思うので、よろしくお願いする。
  ○委員 地区のお宮さんで、不審な軽自動車を何度か見かけ
      た。お参りに来ているのか賽銭盗に来ているのかわから
      ない。そのような時はどうすればいいのか。
  ●警察 どちらか迷うような際は、遠慮なく警察に連絡してほし
      い。