運転適性相談について




 統合失調症、てんかん等一定の病気等にかかっている方で、自動車等の安全な運転に支障を及ぼすおそれがある場合には、道路交通の安全確保の観点から、自動車等の安全な運転に支障があるかどうかを個別に判断することになり、場合によっては試験に合格しても免許が取得できなかったり、免許の更新ができない場合があります。


                  

 免許申請や更新申請時に質問票の記載をお願いしています。
 この項目に該当する方、あるいは、自動車等の安全な運転に支障があると思われる方に対しては、職員が症状等について具体的にお話を伺うことになります。

 
         プライバシーの保護には十分配意いたします



 公安委員会では運転適性相談窓口を開設して、一定の病気等や症状(病気を原因とした意識喪失やけいれん、麻痺等)がある場合を含め、免許の取得や更新が可能かどうかについての相談を随時受け付けています。
 免許を取得しようとお考えの方は、免許申請や指定自動車教習所への入所等を行う前に相談されることをお勧めします。


※ 運転免許の自主返納制度について知っていますか?

  加齢に伴う身体機能の低下や病気などにより、運転を継続する意志がなく運転免許証を返納したい場合には、免許証を返納することができます。
  免許証を返納すると、本人の希望により「運転経歴証明書」の交付が受けられます。「運転経歴証明書」には写真や住所が入ります。(手数料は1,000円)
  このことについても相談をお受けします。


 運転適性相談窓口のご案内 

 <受付時間 9:00〜16:00 (平日)> 
  福井県運転者教育センター(春江)     〒919−0476
   坂井市春江町針原58−10
       電話 0776−51−2820
  福井県奥越運転者教育センター  〒912−0011
   大野市南新在家32−1−4
       電話 0779−66−7700
  福井県丹南運転者教育センター  〒915−0891
   越前市余田町2−1−1
       電話 0778−21−3613 
  福井県嶺南運転者教育センター 〒919−1323
   三方上中郡若狭町倉見1−51
       電話 0770−45−2121