高齢運転者等専用駐車区間制度について


  1. 高齢運転者等専用駐車区間制度の概要

    道路交通法の一部改正により、平成22年4月19日から、
    を図るため、公安委員会が行う新しい交通規制として高齢運転者等専用駐車区間制度が施行されました。

    「高齢運転者等」とは、次に該当する「普通自動車を運転できる免許」を持つ方をいいます。
     1.70歳以上の方
     2.肢体不自由又は聴覚障害(※)により免許に条件を付されている方
        (※10mの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえない聴覚障害をいいます。)
     3.妊娠中又は出産後8週間以内の方

    【高齢運転者等専用駐車区間のイメージ】 【専用駐車区間での駐車方法】
    高齢運転者等専用駐車区間のイメージ 次の3点を守って、専用駐車区間に駐車してください。
    1. 「高齢運転者等標章」(以下「標章」といいます。)を受けた本人が駐車する。
    2. 届出を行った(標章に記載された)普通自動車に限る。
    3. 本人が交付を受けた標章を自動車の前面の見やすい位置に掲出する。

     (注) 高齢運転者等以外の者が本制度区間に違法駐車した場合の
        反則金は、通常の駐車違反の額に2,000円を加えた額になります。
     

  2. 専用駐車区間の設置場所

     専用駐車区間は、高齢運転者等の皆さんが日常生活で利用する、官公庁、病院、福祉施設、公園等で、
    駐車需要が満たされていない施設の直近の道路上に設置され、福井県内では下記の場所に設置されています。
     専用駐車区間には、淡い黄色の地に黒で「標章車専用」と書かれた標識が設置されています。

    設置場所道路名等
    柴田公園 南側
    (福井市中央1丁目)
    主要地方道 福井加賀線 の 東進車線上
    越前市役所 南側
    (越前市府中1丁目)
    主要地方道 武生停車場線 の 東進車線上
    鯖江郵便局前 南側
    (鯖江市水落町1丁目)
    市道 の 東進車線上
    旭公民館 北側
    (福井市手寄2丁目)
    県道 福井停車場勝見線 の 西進車線上


    専用駐車区間設置状況(柴田公園)
    柴田公園 南側の専用駐車区間設置状況
    専用駐車区間設置状況(越前市役所)
    越前市役所 南側の専用駐車区間設置状況
    専用駐車区間設置状況(鯖江郵便局前)
    鯖江郵便局前 南側の専用駐車区間設置状況
    専用駐車区間設置状況(旭公民館北側)
    旭公民館 北側の専用駐車区間設置状況


  3. 高齢運転者等標章

     高齢運転者等標章は、高齢運転者等の住所地を管轄する警察署に申請して交付を受けることができます。
     標章の譲渡等は処罰の対象となります。