被害者の方には、刑事手続上、様々なお願いをすることになりますが、そのことでご負担をお
かけするこ
ともあります。犯人を捕まえ、処罰するため、そして同じような被害にあう人をなく
すためにも、是非とも
ご協力をお願いします。
 具体的には次のようなことがあります。

  「事情聴取」についてのお願い
   担当の捜査員が、犯行の状況や犯人の様子などについて、詳しく事情をお聞きします。思
  い出したくな
い、言いたくないこともあるかと思いますが、犯人や犯罪事実を明らかにする
  ため、必要があってお尋ね
するものです。詳しいことが分かれば分かるほど、捜査もスムー
  ズになり、犯人の早期検挙につながりま
す。


  「証拠品の提出」についてのお願い
   犯人や犯罪事実を明らかにするため、被害者の方が被害当時に着ていた服、持っていた物
  等を証拠品と
して提出していただくことがありますが、これは、犯罪を立証するためのもの
  です。提出していただいた
証拠品の取扱いは、次のようになります。

 還   付  捜査上も公判上も保管する必要がなくなれば、公判が終わらない段階でもお返しします。
 仮 還 付  提出していただいた証拠品をまだ保管する必要があっても、所有者の方が返してもらいたい場合は、請求していただければ、仮にお返しすることができるときもあります。
 所有権放棄  所有者の方が返してもらう必要がないと思われる物は、所有権放棄の手続をしていただければ、保管する必要がなくなった後に、処分いたします。

  「実況見分(検証)の立会い」についてのお願い
   被害者の方には、警察官が犯罪の現場や被害の状況について確認する際に、立会いをし
  ていただくこと
があります。(現場等の状況を確認することを「実況見分」といい、特に
  裁判所の令状に基づいて行う確認
を「検証」といいます。)。写真撮影や計測等を行うた
  め、ある程度の時間がかかりますが、事実の解明や
犯罪の立証に欠くことができない場合
  に行うものです。

  「裁判での証言」についてのお願い
   被害者の方には、犯罪の立証のため、公判で証言していただくことがあります(これを
  「証人尋問」と
言います。)。証人尋問の際は、精神的な負担を軽減するために、
   ・ 証人への付添い

     証人される方の家族や民間被害者支援団体の相談員などが、証人のそばに付き添う
    ことができます。

   ・ 被告人や傍聴人との間の遮へい措置
     証人と被告人や傍聴人との間につい立などを置き、相手の視線を気にしないで証言
    できるようにし
ます。
   ・ ビデオリンク方式
     大きな精神的な負担を受けるような場合、精神的な負担を軽くするため、証人の方
    に別室で在席し
ていただき、法廷と別室とをケーブルで結び、モニターを通じて尋問
    を行う方法です。

  が認められるときがあります。

被害者の方へのお願い