被害者の方の抱える問題                              

 犯罪の被害にあわれた方(ご家族、ご遺族を含みます。)は、命を奪われる、怪我をする、物を盗まれるなどの生命、身体、財産上の直接的な被害だけなく、
  犯罪にあったことによる精神的ショックや身体の不調
  医療費の負担や失職、転職などによる経済的困窮
  捜査や裁判の過程における精神的、時間的負担
  周囲の人々のうわさ話やマスコミの取材・報道によるストレス

など、被害後に生じる様々な問題に苦しめられています。

このような問題は、総じて「二次的被害」と言われています。

 心理的反応  身体的反応  感覚的反応

   恐怖感
   自責感
   不安感
   無気力、絶望感
   孤独感、疎外感
   怒り、復讐心
 

   緊張
   動悸
   下痢、吐き気
   不眠、悪夢
   食欲不振
   イライラ 

   感覚、感情の麻痺
   現実だという感覚がない
   自分が自分でないと感じる
   記憶力、判断力の低下


  他の人から見れば、しっかり落ち着いているようでも、感覚が麻痺して現実感を失ってい
 る場合もあります。これは、異常なことではなく、突然大きなショックを受けた後では誰に
 でも起こり得ることですので、時間が経つにつれて和らいでいきます。ただし、1ヶ月程度
 経っても、こうした心理状態で苦しんでいたり、生活に支障が出ている時には、医療機関や
 相談機関で受診・相談されることをお勧めします。
  なお、福井県警察本部では、専門的知識を有する犯罪被害者支援心理カウンセラー(警察
 職員)によるカウンセリングを行っておりますが、警察以外の
精神科医等による治療が必要
 な方には、治療費の支給も行っております。

  

被害者の方の心理状態