警察官の職務内容

  • 警察署
  • 生活安全部
  • 刑事部
  • 交通部
  • 警備部
  • 警務部
  • 警察事務

警察署

福井県は全国的にも凶悪事件の発生件数の少ない県として知られている。人口や地域特性等、その背景には様々な要因があるだろう。しかし、24時間365日、警察署に勤務する警察官の働きも決して見逃すことはできない。交番勤務は、お世辞にも華やかな世界ではないかもしれない。日々のパトロール、地域住民との対話、一人暮らしのお年寄りの巡回連絡等、どれもが犯罪を未然に防ぐ重要な仕事なのだ。

警察署職員1  

インタビュー

小学生の頃、駐在所の警察官が下校時間に外に出て「車に気を付けてね」と笑顔で敬礼して下さいました。その時の警察官の姿が忘れられず、かっこよく人のためになる仕事がしたいと思い、警察官になりました。交番には毎日様々な方が来所されます。その際「ありがとう」という言葉を頂いた時には何物にも代えがたい喜びを感じます。

警察官を目指す皆さんへ

様々な就職先の中で、警察官という仕事は、人に感謝されるだけでなく、自分を成長させることの出来る職業だと思います。「犯罪を許さない」「人の役に立つ仕事がしたい」という、強い気持ちを持った皆さんと、いつか一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

  警察署職員2
page top

生活安全部

ここ数年、生活安全部が取り扱う犯罪・事案は複雑多様化しており、早期に問題を解決し、県民の期待に応えるために、プロとしての知識・能力・行動力が今まで以上に要求されるようになった。
子どもへの声かけ・つきまとい、女性が被害者となるストーカー・DV、高齢者を狙った振り込め詐欺や悪質商法、コミュニティサイトを利用した青少年の福祉を害する犯罪、更にはインターネットを悪用したサイバー犯罪等、県民の生活に身近なフィールドを担当する彼らの活躍が、安全で安心して暮らせる地域社会を支えている。

生活安全部職員1  

インタビュー

東京で就職していましたが、ある日事件現場に遭遇し、警察官の凛々しい姿に感動したことがきっかけで警察官を目指すことを決めました。通信指令課では、主に110番通報の受理や警察署やパトカーに無線で現場急行の指令をしています。今まさに行われている犯罪に関する電話が入ってきますので、パニック状態の通報者が安心し落ち着いた声に変わった時や、現場の警察官から事件解決の報告を受けたときには、やりがいを感じます。

警察官を目指す皆さんへ

警察官はつらく厳しい勤務を経験することもあるでしょう。しかし、困難を乗り越えた達成感や、かけがえのない仲間を得ることができると実感しています。皆さんと力を合わせて仕事ができることを願っています。

  生活安全部職員2
page top

刑事部

刑事部では、殺人・強盗・誘拐・放火等の凶悪事件、詐欺・汚職・選挙違反等の知能犯事件、空き巣・車上ねらい等の窃盗事件、暴力団犯罪、薬物・銃器犯罪等重大な事案を扱っている。そのため刑事企画課、捜査第一課、捜査第二課、組織犯罪対策課、鑑識課、科学捜査研究所、機動捜査隊の各部門が置かれ、日夜それぞれのスペシャリストが聞き込みや裏付け、張り込み等の捜査に当たっている。

刑事部職員1  

インタビュー

以前ある事件の被害者となった経験があり、親切に対応してくれた警察官に感動し、自分も犯罪被害にあった方に対して手助けがしたいと思い志望しました。県外の大学へ進学していたのですが、地元で役立ちたいという思いから迷わず福井県警察を選びました。現在は覆面パトカーの機動力を活かして、各種事件の発生時に現場に急行し、犯人を検挙しています。事件の被害者に接する機会も多く、感謝の言葉を頂いた際には、警察官になって本当に良かったと思いますし、警察官としてのやりがいを感じます。

警察官を目指す皆さんへ

本当に困った時、最後に頼るものは警察ではないでしょうか。こんなにやりがいのある仕事は他にはないと思います。県民の治安を守る一員として、一緒に安全・安心を実感できる社会の実現を目指して、頑張りましょう。

  警察署職員2
page top

交通部

マイカー所有率が高い福井県。特に交通事故問題は、交通部のみならず、県民にとっても関心が高い身近な問題。迅速に対応できる機動力を活かした交通機動隊の交通指導取締りやパトロールの強化、事故防止のための交通安全教室の実施等、交通部内の全ての警察官が連携しながら、交通事故ゼロの安全な社会を目指して日々格闘している。

交通部職員1  

インタビュー

大学を県外で過ごしたことで地元の良さを改めて知り、福井の治安を守りたいと思い福井県警察に入りました。現在、交通死亡事故ゼロを目指して取締り活動をしていますが、県民の方から「事故に遭わなくて良かった」と感謝の言葉をいただいたとき、やりがいを感じます。朝、家を出て行った人が、「ただいま」と交通事故に遭わずに無事に帰ってくる日が続くことを目指し、日々の職務遂行に邁進していきます。

警察官を目指す皆さんへ

警察官という職業は、一見華やかな印象がある反面、身近な安全を守る業務のため「きつい・厳しい」という印象もあると思います。しかし、つらい仕事を一丸となって遂行していく中で、言葉では言い表せない達成感ややりがいを感じることができます。福井県警察の一員となり、共に安全で安心な街をつくりましょう。

  警察署職員2
page top

警備部

厳しい特別な訓練を受けた警察官だけで構成する警備部。地震や台風、水害等の大規模災害時に出動し、人命を守るのは、彼ら以外にできないこと。そうした活動の他に、ここ最近はテロ対策、要人警護が重要な任務になっている。中でもテロ対策は、多くの原子力発電所を有する県だけに、特に重要視されている。警備部は、チームワークを最大の武器に活動する、まさにスペシャリスト集団なのだ。

警備部職員1  

インタビュー

学生時代から警察官に憧れていましたが、最初は地元企業に就職しました。しかし、平成16年の福井豪雨でボランティアに参加した際に、県民に貢献できる仕事がしたいと思い志望しました。現在は災害救助、警備実施、要人警護等の任務にあたっています。昨年の東日本大震災発生時、広域緊急援助隊として被災地に派遣された際は、被災者の方々の感謝の言葉が自分たちを奮い立たせ、警察官という職務に誇りと使命感、やりがいを改めて感じました。

警察官を目指す皆さんへ

大規模災害、凶悪事件、交通事故問題等厳しい治安情勢の中、「県民が安全で安心して暮らせる社会の実現」のため、高い志を持った仲間と任務に従事できることを楽しみにしています。

  警備部職員2
page top

警務部

地域の最前線で活躍する警察官をサポートする、言わば裏方的存在が、警務部。 情報化や国際化が進む社会情勢にあって、効率の良い警察活動を行うために、組織体制、情報通信基盤、最新の装備資機材の整備等を進めている。また、給与、福利厚生、研修、健康管理等、警察職員が働きやすい環境作りをするのも大事な役割。総務課をはじめとした8つのセクションが、警察官一人ひとりをサポートしている。

警務部職員1  

インタビュー

人の役に立てる仕事に就きたくて、一番に思い浮かんだのが、県民の安全を守るため昼夜を問わず勤務する警察官でした。現在は本部会計課で警察の予算に関する仕事をしています。県に対して予算要求を行うなど、各種活動がより円滑に進むよう裏方で支援しています。犯罪の予防・検挙活動には直接携わらないものの、それらの活動を支えることができる仕事であり、やりがいを持って取り組んでいます。

警察官を目指す皆さんへ

警察は県民の安全と安心を守るという重責を担っているため、時には過酷な勤務もありますが、仕事のやり甲斐と達成感はどの職業にも劣らないと思います。福井県を治安の良さが実感できる県とするために一緒に頑張りましょう。

  警務部職員2
page top

警務部

福井県警察という組織を支えているのは警察官だけではない。警察官がそれぞれの職務に集中し、また警察活動がスムーズに行われるよう、警察業務全体を事務方として支えているのが警察事務。その職務は組織運営の企画や人事管理、装備の管理、会計事務等非常に多岐にわたり、警察活動の一翼を担っている。警察組織の全ての部署(警察本部の各課、県内の各警察署)には必ず警察事務の仕事があり、警察業務全体を動かす根幹ともいえる重要な仕事である。

警務部職員1  

インタビュー

ボランティア活動の経験から、地域の人々と関わる仕事に興味を持ちました。中でも、警察の仕事は県民の安全・安心に関わりの深いものであり、やりがいのある職業だと思いました。事務官というと「サポート役」というイメージですが、業務内容は幅広く、治安を守る警察の一員として大切な役割を担っています。また、私は音楽隊を兼務しています。音楽隊は県民の方々と身近に接する活動ができるというところに魅力を感じます。これからも毎日の業務を通じて福井の安全・安心に貢献できるよう、責任とやりがいをもって頑張っていきたいと思います。

警察事務を目指す皆さんへ

警察の仕事に不安を抱いている方も多いかと思いますが、相談に乗ってくれる同期生や頼れる上司、先輩との強い信頼関係で結ばれた職場なので、辛い事、大変な事も乗り越えることができます。また、様々な分野の幅広い業務があるので、必ず自分に合った仕事ができる場があると思います。是非挑戦してみて下さい。

  警務部職員2
page top