パターン1
 一方的に図書が送られ、請求書が入っていた 
基本原則
 機関誌・図書を購入するかしないかは、個人(企業)の自由意思に任されています。
 必要とするものかどうかを判断し、相手に明確に意思表示することが大切です。 
●開封前の返送
  宛名面に「受取拒否」若しくは「受領拒否」と
明記し、配達業者を通して返送する。
 〜開封前〜
 
●開封後
  一方的に送りつけられた図書等を返送する義
 務はありませんが、余計なトラブルを避けるため
 にも「内容証明郵便」や「配達証明郵便」で、購入
 する意思がないことを明記して返送する。
  〜開封後〜
  
●電話で要求を断る場合
  「必要ありません」と明確に拒否しましょう。強引に要求されてもあやふやな返事を
 せず、きっぱり拒否することが大切です。この場合、断る理由を告げる必要はありま
 せん。

                       戻る