鑑識講習

 12月14日、警察本部鑑識課の方から、指紋採取や足跡採取の方法について学びました。犯罪現場には犯人に結びつく多くの痕跡が残っており、その一つ一つが犯人を検挙するための重要な証拠となります。
 鑑識実習を通じて、証拠採取の際には細心の注意を払わなければならないと実感しました。