不正軽油110番の最近の取り組み

最終更新日 2016年11月1日ページID 034098

印刷

 軽油に灯油や重油を混ぜた「混和軽油」を製造・販売したり、灯油や重油をディーゼル車に給油して自動車の燃料として使用する行為は、軽油引取税(1リットルにつき32.1円)を脱税する行為で犯罪となります。

 
また、製造や使用によって大気を汚染するなど環境破壊にもつながります。

 福井県では、このような行為を調査・摘発するため、不正軽油110番を開設し、日ごろから、広く県民の皆様からの情報を受け付けていますが、このたび、寄せられた情報をもとに不正軽油の使用を発見し、対象者に対する警告・指導を行いました。


<取り組み事例>
 平成28年3月に寄せられた情報をもとに、6か月にわたり県税事務所職員による現場調査を行うとともに、該当車両の燃料抜取調査、関係者への事情聴取、伝票等書類の確認を行いました。その結果、長期にわたり軽油に灯油と重油を混和させ、自動車の燃料として使用していたことを確認しました。


 県税事務所は対象者に対し、今後不正軽油を使用しないよう警告書を発するとともに、軽油引取税を過去に遡り自主的に申告することを指導しました。対象者は、自ら使用した混和軽油6万4千リットルについて、平成28年10月 申告納付を行いました。(申告納付額 約237万円(不申告加算金を含む。))


不正軽油110番のページ(福井県総務部税務課)

軽油引取税のページ(福井県税事務所)
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、zeimuka@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

税務課

電話番号:0776-20-0256ファックス:0776-20-0629メール:zeimuka@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)