「次世代の新しい“コト”起こし ~半農半Xから学ぶ~@若チャレ」を開催しました。

最終更新日 2012年7月11日ページID 025225

印刷

 ふくい若者チャレンジクラブでは、地域活性化活動の参考とするため、「次世代の新しい“コト”起こし ~半農半Xから学ぶ~@若チャレ」を開催しました。
 

  • 日    時  平成25年12月4日(水) 19:15~21:30 (受付19:00)
  • 場    所  Antique Cafe あさい(小浜市小浜酒井1) 
  • 講  師  半農半X研究所 代表 塩見 直紀さん
          NPO法人ふるさと福井サポートセンター 理事長 北山 大志郎さん
  • 参 加 者     30名
  • 概  要   ○塩見直紀さんによるトーク
           ・半農半Xとは生活の中に農業を取り入れ、仕事と両立させる生き方。農業に携わることで別の「何か」を
            行う活力にもなる。
           ・環境問題への意識や、これからの生き方を見つめ直したことがきっかけとなって「半農半X」という考え
            方が生まれた。
           ・塩見さんのトークの後は、「自分の好きなこと、得意なこと」「現在住んでいる地域の宝物」等を書き出
            すミニワークを行い、各グループの中で発表

           ○北山大志郎さんによるトーク
           ・建設業の傍ら地元で何かできないか模索してきたが、40代になってやっと、自分らしい活動を見つける
            ことができた。
           ・自分らしさを見つけるためには行動力が大切。会いたいと思った人にはすぐに会いに行く。
           ・地元の人、地元の魅力を知ることで活動の幅が広がり、新しいことを始めるチャンスが生まれる。 

          ○初めに行ったミニワークをもとに、各グループで「若狭で始める新しいコト」を考えるワークショップ
           を実施。各グループで出た主なアイディアは以下のとおり
            ・昔の寺子屋のような、人が集まり学びあう場を作りたい。
            ・地域の人と協力して空き家でイベントを開催したい。
            ・子供に、昔からある食文化や自然遊びを体験してもらうため、お寺で伝統食づくりやネイチャー
             ゲームを企画したい。

           ○参加者からの感想
             ・いろいろな人と知り合うことができ、新たな活動を始めようという刺激を受けた。
             ・対話式、参加型の講座だったので、参加者から様々な意見や考え方を聞くことができ、とても新鮮
              だった。
     

    塩見さん講演

     塩見 直紀さんによるトーク

    ミニワーク

       ミニワークでの発表

    北山さん講演

     北山 大志郎さんによるトーク

    ワークショップ

    各グループでのワークショップ

    ワークショップ

    各グループでのワークショップ

    ワークショップの講評

      ワークショップの講評



     

 

  お問合せ先

ふくい若者チャレンジクラブ事務局(福井県総務部男女参画・県民活動課)
 Tel: 0776-20-0237
 Fax: 0776-20-0632
 E-mail: youthchallenge@pref.fukui.lg.jp

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、wakatei@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

ふるさと県民局若者・定住支援課若者チャレンジ支援グループ

電話番号:0776-20-0638ファックス:0776-20-0644メール:wakatei@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)