港湾施設改良費統合補助事業 敦賀港

最終更新日 2017年8月10日ページID 036269

印刷

 

1.事業の目的

 港湾には、船が係留し荷役を行う岸壁や物揚場などの係留施設、港へのアクセス道路である臨港道路施設、港内の静穏度を確保するための防波堤など様々な施設があります。本事業は、これらの施設の延命化や利便性向上を目的とした事業です。

   

2.事業の概要

 これまでに整備した代表的な施設

 ・大型クルーズ客船受入れのための岸壁改良(平成28年度)

 ・老朽化した港湾施設の更新(平成27年度)

 ・内航RORO船の大型化に伴う岸壁改良(平成26年度)

 ・港大橋の耐震化(平成24~25年度)

   

3.写真

  世界最大級のクルーズ客船の受け入れが可能です。

 防舷材  係船柱

 大型クルーズ客船対応の防舷材(平成28年完成)   大型クルーズ客船対応の係船柱(平成28年完成)

 

  前面に受衝板が設置され、うねりによる船舶動揺の影響を軽減します。

 RORO船対応防舷材

  RORO船の大型化対応の防舷材(平成26年完成)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、t-kouwan@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局敦賀港湾事務所

電話番号:0770-22-0369ファックス:0770-22-7067メール:t-kouwan@pref.fukui.lg.jp

〒914-0078 敦賀市桜町2-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)