常陸宮賜杯第59回中部日本スキー大会開会式

最終更新日 2011年12月16日ページID 007699

印刷

 

開催日 : 平成21年1月26日(月)
会  場 : 大野市文化会館
概  要 :
 常陸宮賜杯第59回中部日本スキー大会の開会式が、1月26日(月)、常陸宮殿下、同妃殿下をお迎えして大野市文化会館で行われました。開会式には、本県の60人をはじめ、東海・北陸ブロック7県の選手・役員約420人が参加しました。
 西川知事は、式典で 「先日、全国体力テストの結果が公表され、本県の子どもたちの体力が小・中学校ともに全国上位にあることが分かりました。また、このほど、平成30年の国体誘致を明らかにしたところであり、子どもたちの多くがこの大きな舞台で活躍することを夢見ています。このような中で本大会が開催されることは、誠に意義深いものと考えています」とあいさつしました。
 常陸宮殿下からは、「選手の皆様には練習の成果を十二分に発揮され、中部の頂点を目指して頑張ってください。また、県の枠を超えて交流し、友情の輪を広げることを願っています」とのおことばを賜りました。
 競技は27、28日の両日、アルペン競技が九頭竜スキー場で、クロスカントリー競技がDAINOUスポーツランドでそれぞれ開催されます。
 
210126写真1 210126写真2
 

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、までメールでお送りください。

お問い合わせ先

(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)