第1回福井県白川文字学ゼミ公開講座を開催しました

最終更新日 2019年6月4日ページID 041273

印刷

元号と漢字 

令和元年5月28日(火)14:00~    於:福井県立図書館 多目的ホール

 第1回の福井県白川文字学ゼミは、明治大学法学部教授の加藤徹先生を講師に迎え、開催しました。

 今回のテーマは「元号と漢字」で、64名の方が参加され、元号の意義や起源、日本が元号を使い続ける背景などについて学びました。

 参加者からは、「元号について、中国での起源説は中国文化の奥深さを物語っていて、とても興味深かったです。」「元号を通して、日本的なものの見方と大陸的なものの見方を教えていただきました。」「元号の文化的な側面に着目した『非合理の合理性』というお話が印象に残りました。非合理ではあるが、使われるものへの人の愛着のようなものが確かに自分の中にもあると感じました。」「豊かな教養に基づくお話が素晴らしかったです。ユーモアを交えながらわかりやすく説いていただき、あっという間の時間でした。令和の時代が少しでも佳い時代になるように努力していきたいと思います。」といった声が聞かれました。

                        

 加藤氏1   加藤氏2

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、syoubun@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生涯学習・文化財課

電話番号:0776-20-0559ファックス:0776-20-0672メール:syoubun@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)