第5回「福井県白川文字学ゼミ」公開講座を開催しました

最終更新日 2018年1月22日ページID 037202

印刷

「漢詩のさまざまな音読法 ~生徒の興味をかきたてる声の出し方~ 」

講師 明治大学教授  加藤 徹 氏

  

 平成30年1月18日(木)14時30分から16時まで、福井県立図書館 多目的ホールにおいて開催し、63名の皆様が参加されました。

 中国伝統文化がご専門の加藤先生から、漢詩を読む際のさまざまな音読法を教えていただきました。唐代詩人 張継(ちょうけい)の「楓橋夜泊(ふうきょうやはく)」を題材に、呉音、漢音、唐音、現代中国語などの発音で読んだり、リズムに合わせて歌ったりしました。

 参加された方からは、「漢文はとても堅苦しいものと思っていたが、もっと気楽に親しめばよいと思った」「これまでイメージしていた漢詩に、様々な色が付けられた感じで楽しめた」「漢詩の授業では訓読文を扱うことが多いが、今後は歌も取り入れてみたいと思った」といった声が聞かれました。

 加藤氏講座全体の様子  加藤氏  加藤氏

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、syoubun@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生涯学習・文化財課

電話番号:0776-20-0559ファックス:0776-20-0672メール:syoubun@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)