白川静漢字教育賞 記念講演

最終更新日 2017年11月24日ページID 036762

印刷

白川静漢字教育賞 記念講演を開催しました。

 平成29年11月10日(金)、福井県立図書館 多目的ホールにおいて、第5回白川静漢字教育賞記念講演が開催され、77名の方が参加してくださいました。

 「字体の正しさと字形の望ましさ  -漢字を手書きする際に大切にすべきこととして-」というタイトルで、上越教育大学教授の押木秀樹先生にお話をしていただきました。

 「望ましい字形の根拠や条件は何か」、「字形の多様性の根拠はどこにあるのか」といったことについて丁寧にお話しくださいました。また、「正しい字体」と「望ましい字形」を区別して判断し、指導することが大切であることも教えていただきました。

 参加された方から、「書き手の気持ちが伝わる手書き文字を大切にしていきたい。」「伝えたいことが伝わるための『望ましい字形』を子どもたちと考えていきたい。」といった感想をいただきました。

  

記念講演1 記念講演2

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、syoubun@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生涯学習・文化財課

電話番号:0776-20-0559ファックス:0776-20-0672メール:syoubun@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)