「親子書道教室 ~書き初めの課題にチャレンジしよう~」を開催しました。

最終更新日 2017年10月2日ページID 037304

印刷

 「親子書道教室~書き初めの課題にチャレンジしよう~」を開催しました。

kakizome1 kakizome3

日時:平成29年12月10日(日)14:00~15:30

場所:福井県立こども歴史文化館

講師:生涯学習・文化財課 小谷寛幸

内容:小学生を中心に親子35名が参加しました。

 大筆の楷書と平仮名の基本的な筆使いを確認し、学年に応じた課題に挑戦しました。

 講師が学年ごとに示範しながらポイントを説明し、漢字と仮名が混じっている場合は漢字を大きく、仮名を小さくすることや、同様に漢字・仮名のみでも画数によって同様のことが起こることを確認しました。

 また、次の画につなげる気持ちが字形を整える際でも重要であることを説明し、左払いの後は墨を付け足さないで書く工夫を紹介しました。

 最後に小筆の使い方の復習をし、名前を書き入れて作品を完成させました。

 今回のポイントは書き初めの課題ということで、作品を美しく見せるコツです。実は半紙と墨汁には相性があります。ツルツルの半紙にはやや薄めの墨、ザラザラの半紙にはやや濃いめの墨が合います。組み合わせを考えると変なにじみが出ず、思い通りの線になります。

 また、墨が濃すぎると次の画につなげることが難しく、墨を付ける量が少なすぎるとかすれたの作品になってしまいます。半紙と墨の相性も考えて思い通りの作品になるといいですね。

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、syoubun@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

生涯学習・文化財課

電話番号:0776-20-0559ファックス:0776-20-0672メール:syoubun@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)