児童相談部門(中央児童相談所)-相談の内容

最終更新日 2015年4月14日ページID 029413

印刷

相談の内容について

養護相談 家出、離婚、入院、就労などの理由により、保護者が養育することが困難になった場合。
虐待相談 子どもが虐待されていることを知ったり、また子どもに虐待してしまうことに悩んでいる場合。
障害相談 知的障害、自閉症、肢体不自由、視聴覚障害、言語発達障害、重症心身障害などに関する相談。
発達が遅れているのではないかと悩んでいる場合。
非行相談 盗みや万引き、無断外泊や深夜徘徊、友だちや先生に暴力をふるう、異性との不純な交遊があるなどで困っている場合。
しつけ・
性格行動相談
幼児のしつけ、遊びなどについて悩んでいる場合。
また児童の人格の発達上問題となる反抗、落ち着きがない、集団になじめない、家庭内暴力などに悩んでいる場合。
不登校相談  保育園、幼稚園、学校に行けない幼児、児童についての相談。
その他の相談 上記以外の相談。

 

相談の方法について

こちらをクリックしてください。


総合福祉相談所(児童相談部門)のトップページに戻る

敦賀児童相談所のトップページに戻る

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、fukusiso@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

総合福祉相談所

電話番号:0776-24-7311ファックス:0776-24-8834メール:fukusiso@pref.fukui.lg.jp

〒910-0026 福井市光陽2丁目3-36(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)