講演会「並行在来線と北陸新幹線」を開催しました。

最終更新日 2013年11月26日ページID 025087

印刷

1開催日時 平成25年11月15日(金)13:30~15:30

2開催場所 AOSSA6階 607研修室

3概要

  福井県並行在来線対策協議会では、北陸新幹線敦賀開業時にJR西日本から経営分離される並行在来線について、
 県民の皆様の理解を深めるため、大阪産業大学の波床教授とIGRいわて銀河鉄道(株)の菊池社長を講師に迎え、
 講演会「並行在来線と北陸新幹線」を開催しました。

  波床教授は「並行在来線は線路を地域輸送のために取り戻す好機と前向きにとらえるべき」と指摘、菊池社長は
 「旅客鉄道の基本は、観光でなく、日常的な通勤・通学利用客をいかに呼び込むか」と強調されました。

  講演会には、約60名の方々にご参加いただきました。

   波床教授講演

波床教授講演

菊池社長講演

菊池社長講演

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kotsuka@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

交通まちづくり課

電話番号:0776-20-0291ファックス:0776-20-0729メール:kotsuka@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)