カー・セーブ運動に参加しましょう!新規参加者募集中です

最終更新日 2015年11月17日ページID 005850

印刷

 毎週一日、クルマの利用を控えてみませんか?
 

 福井県は、一世帯当たりのマイカー保有台数が全国1位となるなど、全国有数のクルマ社会です。このため、平成20年度から月2日を目標にクルマ利用を見直す「カー・セーブ」運動を進めています。また、平成21年度からは、カー・セーブデーを毎週金曜日に拡大するなど取組みを強化しています。
  平成23年度には、行政や経済・商業団体、利用者団体等からなる「クルマに頼り過ぎない社会づくり推進県民会議」を設立し、社会全体で取り組むアクションプランを策定しました。
 このアクションプランは、「CSRでクルマに頼り過ぎない社会づくり」を基本方針としていて、毎週金曜日にクルマ利用を控えるカー・セーブデーへの参加や自転車を積極的に利用する福井バイコロジスト宣言等、県民の皆さん一人ひとりが参加する運動を目指していくこととしています。

アクションプランの詳細はこちら

 

カー・セーブ運動への参加企業・団体を募集しています

 アクションプランの趣旨に賛同し、クルマに頼り過ぎない社会を目指す運動に参加していただく企業・団体等を募集しています。27年4月1日現在、251企業・団体にご参加いただいています。
 参加企業・団体等の皆さんには、

ア 毎週金曜日を中心にクルマ通勤を控えるカー・セーブデーへの参加促進
イ  自転車を積極的に利用する「福井バイコロジスト」宣言への参加促進
ウ  相乗り通勤や共同送迎によるクルマの共同利用の推進
エ  地域等における公共交通等の利用促進活動の実施

 のうち、1つ以上の取組みを企業・団体単位で進めていただきます。

 カー・セーブ運動に参加していただくと、カー・セーブデー当日における最大半額の運賃割引の特典や公共交通機関や自転車を利用した通勤促進のための取組みへの支援制度がありますので、積極的な御参加をお願いします。

運賃割引
・通常運賃 201円~400円 → 200円
・通常運賃 401円以上 → 半額(10円未満切上げ)

割引対象の交通機関
・京福バス(路線バス全線)
・福井鉄道(路線バス全線)
・大和交通(路線バス 名田庄線)

 ※お申込は、参加申込書に必要事項をご記入いただき、 ファックス、Eメール、郵便でお送りください。

印刷用の一覧です。 (PDF)

相乗り通勤の参加企業・団体を募集しています

 自動車通勤者の中には、カー・セーブ運動に参加しようにも、自宅や職場が駅やバス停から離れていて、公共交通機関の利用が困難な方もおられます。
 そこで、県では、カー・セーブ運動の拡大を図るため、通勤時のクルマの乗り合わせを推進する「相乗りデー」の参加企業・団体を募集しています。
 「相乗りデー」は、ノー残業デーや任意の日など、企業・団体の事情に合わせて参加しやすい日に実施していただくことにより、社会全体で過度なクルマの利用を控えていく取組みです。

 ※お申込は、参加登録書に必要事項をご記入いただき、ファックス、Eメール、郵便でお送りください。

パーク&ライドについて

 パーク・アンド・ライドとは、郊外の最寄り駅まで自動車でアクセスし、駅の駐車場に駐車して、公共交通機関に乗り換えて、市街地まで移動する方法です。
 県内では、福井鉄道およびえちぜん鉄道の主要駅には、駐車場が用意されています。
 クルマを使う時間が減って環境にやさしいうえに、車内で読書ができたり、郊外で電車に乗り換えるため渋滞のイライラを感じることなく、時間どおりに目的地まで行くことができます。
 あなたも、パーク&ライドで通勤してみませんか。(詳しくは事前に各社へお問い合わせください。)

 なお、ハーモニーホールふくいでのパーク&ライドのお申し込みは、県交通まちづくり課まで
 (電話番号:0776-20-0291 e-mail:kotsuka@pref.fukui.lg.jp
 

パーク&サイクルライドについて

 県では、カー・セーブ運動の一環として、健康に優れ、環境にもやさしい自転車の利用を進めるため、公共施設の駐車場を活用したパーク&サイクルライドを推進しています。
 このパーク&サイクルライドを行うことで、遠距離通勤の方も自転車を通勤にご活用ください!
 お申し込みは、県交通まちづくり課まで(電話番号:0776-20-0291 e-mail:kotsuka@pref.fukui.lg.jp

パーク&バスライドについて

 バスを利用したパーク&バスライドの駐車場を確保することで、鉄道沿線以外におけるパーク&ライドの推進を図っていきます。

  • アピタ・エルパ前バス停駐車場

 駐車台数  30台
 バス路線  京福バス 大和田エコライン線、大学病院線、丸岡線

   ※大和田エコライン線は、駐車場の整備にあたり、新設された路線です。

  ⇒バス路線の詳細は京福バスのホームページをご覧ください。

  • すかっとランド九頭竜バス停駐車場

駐車台数  16台
バス路線  京福バス 鮎川線、川西・三国線

  • 鷹巣公民館前バス停駐車場

   駐車台数  10台
   バス路線  京福バス 鮎川線

  • JR美山駅駐車場

   駐車台数  23台
   バス路線  京福バス 大野線

クルマに頼り過ぎない社会づくり推進事業について 

 県では、クルマに頼り過ぎない社会づくりを進める一環として、過度なクルマ依存を見直し、公共交通機関や自転車を利用するカー・セーブ運動を推進し、公共交通機関や自転車の利用環境の整備に取り組む企業・団体等を募集しています。

 1.募集内容

    ○ 電車・バス・自転車の利活用拡大を促進する事業
    (1)公共交通と組み合わせた自転車の利活用を促進するための自転車利用環境整備

    (2)企業・団体などが実施するカー・セーブに関連する運動    

     (例)・コミュニティサイクルの導入

        ・「自転車の駅」の整備

        ・駅やバス停の駐輪場整備

        ・相乗り通勤や共同送迎等の実施

 2.募集対象

    ・県内の企業・NPO法人 等

 3.補助率・補助上限

    ・補 助 率 10/10

    ・補助上限 大規模整備 1,000千円

          その他整備   500千円

 4.対象経費

    ・初年度備品の購入等に要する経費、施設設備の整備等に要する経費

    ・相乗り通勤や共同送迎実施に要する経費             等

 5.事業の実施については、「クルマに頼り過ぎない社会づくり推進事業補助金交付事務マニュアル」をご覧ください。

    ・「クルマに頼り過ぎない社会づくり推進事業補助金交付マニュアル」(Word文書)

 6.事業の実施要望や不明な点がありましたら、下記連絡先までご連絡ください。

    福井県総合政策部交通まちづくり課 総合交通対策グループ

    TEL 0776-20-0291

    FAX 0776-20-0729

よくある質問 

 Q クルマを控えると、どれくらい二酸化炭素が減らせるの?
 A 1人がクルマで移動すると、1kmあたり164gの二酸化炭素を排出します。バスなら48g、電車なら19gです。もちろん徒歩、自転車なら0gです。行き先や距離、お出かけの目的に応じて、公共交通機関や自転車・徒歩での移動にしましょう。


 Q 「カー・セーブデー」にはどうやって参加するの?
 A クルマの利用を控えるだけです。電車やバス、自転車、徒歩のほか、相乗りやパークアンドライドなどでもOKです。

 Q クルマでないと困る日はどうするの
 A 「カー・セーブデー」にクルマを使ったら、その代わりに別の日に「カー・セーブ」しましょう。週一日を目標にがんばってみませんか。
 

 Q 電車やバスに乗るとお金がかかるけど...
 A 「カー・セーブデー」当日は、京福バス、福鉄電車・バスの「昼間回数券(福井鉄道ホームページ)」、えちぜん鉄道の「カー・セーブデー回数券(えちぜん鉄道ホームページ)」が終日使用できます。10回分の金額で13枚綴りとなっていて、大変お得です。

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kotsuka@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

交通まちづくり課総合交通対策グループ

電話番号:0776-20-0291ファックス:0776-20-0729メール:kotsuka@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17番1号(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)