「ルワンダ共和国向け衛星」:東京大学との共同研究に係る記者発表

最終更新日 2019年4月9日ページID 041030

印刷

 2018年7月5日、福井県、東京大学、セーレン、鯖江精機、春江電子、山田技研が合同で、超小型人工衛星の製造効率化に向けた共同研究の実施について発表しました。
 県民衛星打上げに向けた人工衛星の製造技術の習得のため、県内企業が東京大学にて実地研修を受けていたところ、東京大学に技術力が評価され、共同研究の提案を受けたもので、西川知事は「今後、世界からの超小型人工衛星の受注につながることを期待するとともに、県としても県内企業の新たなチャレンジを応援する」と述べました。
 記者発表には、今回の共同研究で開発する人工衛星を使用するルワンダ共和国の研修生4人も出席し「このプロジェクトで人工衛星の基礎を学びたい」との抱負が述べられました。 

ルワンダ

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、sinsangyo@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

新産業創出課県民衛星プロジェクト推進グループ

電話番号:0776-20-0537ファックス:0776-20-0678メール:sinsangyo@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)