原子力災害時避難計画の作成ガイドライン

最終更新日 2014年6月2日ページID 026713

印刷

 原子力災害は、通常五感に感じないため、施設入所者等の避難行動要支援者には特に配慮が必要です。

 このため、多数の要支援者が入所する障害者支援施設等では、原子力災害に備え、入所者および勤務する職員を安全かつ迅速に避難させるため、施設においてあらかじめ対応すべき必要な事項を定めた「避難計画」を作成しておくことが重要です。

 次のガイドラインは、平成23年3月に発生した福島第一原子力発電所における事故を踏まえ、福井県内の原子力発電所での事故により原子力災害が発生した場合に備え、原子力災害対策重点区域内の障害者支援施設に対し、「避難計画」の作成および原子力災害対応の支援を行うことを目的としています。

 原子力災害対策重点区域内の各障害者支援施設等においては、このガイドラインを参考とし、それぞれの施設の実情に応じた避難計画を作成するとともに、原子力災害時においては、作成した避難計画をもとに、安全かつ迅速な避難を行うものとします。

 なお、このガイドラインは、福井県地域防災計画(原子力災害対策編)の改定等状況の変化があった場合に、必要に応じて見直しを行います

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、syogai@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

障害福祉課

電話番号:0776-20-0338ファックス:0776-20-0639メール:syogai@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)