催眠(SF)商法 - 温熱治療器 - にご注意!!

最終更新日 2011年8月3日ページID 015130

印刷

 

昨年の7月末、嶺南地域では、お年寄りを集めて日用品を無料で配り、雰囲気を盛り上げて興奮状態にして最終的に高額な商品(20万円程度の温熱治療器)を売りつける催眠(SF)商法が横行しました。

手口は、近所の人を集めて車で送迎して民家に連れて行き、ティッシュなどの日用品を無料で配って得した気分にさせ、その後に温熱治療器をあてて「痛みがとれる」「肩や腰の痛みが治る」と繰り返し説明して契約を行うものです。
中には「会場の戸を締め切って営業マンが後ろに並んで帰れない雰囲気だった」とか「饒舌だった営業マンが、突然脅迫めいた口調に変わり豹変した」といった怖い思いをして契約してしまった、ということもあります。

こうした勧誘があっても、次のような行動をしましょう。
①「格安」「無料配布」と誘われても、安易に会場に行かない
②契約してしまっても「クーリング・オフ」できるケースもあるので、早めに最寄りの自治体や消費生活センターに相談する


催眠(SF)商法などの問題商法でも、振り込め詐欺と同様にお年寄りが狙われています。地域や社会で注意して、被害を未然に防ぎましょう。

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、までメールでお送りください。

お問い合わせ先

消費生活センター

電話番号:0776-22-1102ファックス:0776-22-8190

〒910-0858 福井市手寄1丁目4-1AOSSA7階(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)