その他の事例

最終更新日 2019年3月22日ページID 040863

印刷

長期使用製品安全点検制度 ~ 便乗商法に注意しよう ~ (平成30年6月15日掲載)


長期使用製品安全点検制度 ~ 便乗商法に注意しよう ~ 

 「突然、『法定点検のお知らせ』の通知が届いた。『法律により、ガス瞬間湯沸かし器の点検が求められています。点検は有料』と書かれている。本当か」と相談がありました。
 ガス瞬間湯沸かし器の長期使用による経年劣化で事故が発生したことから、消費生活用製品安全法が改正され、「長期使用製品安全点検制度」が創設されました。2009年4月1日以降に製造・輸入された次の製品が対象で、所有者は点検(有料)を受けるように求められています。
 ビルトイン式電気食器洗い機▽浴室用電気乾燥機▽屋内式ガス瞬間湯沸かし器(都市ガス用、LPガス用)▽屋内式ガスふろがま(都市ガス用、LPガス用)▽石油給湯器▽石油ふろがま▽密閉燃焼式石油温風暖房機
 長期間使用したこれらの製品は経年劣化が進み、危険となる場合があります。購入してから約10年をめどに、メーカーから登録した所有者に点検通知が送付されます。この制度を悪用した便乗商法に注意しましょう。

(朝日新聞(福井版)「くらし110番」 平成30年6月15日掲載)

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、までメールでお送りください。

お問い合わせ先

消費生活センター

電話番号:0776-22-1102ファックス:0776-22-8190

〒910-0858 福井市手寄1丁目4-1AOSSA7階(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)