生物多様性保全支援事業

最終更新日 2011年5月20日ページID 013361

印刷

自然再生・保全活動を行う団体・グループを募集します!

 本県の自然を愛し自然環境の保全・再生に取り組んでいただける団体・グループを募集します。
 

男の子女の子

目的
 
福井県内および県外の個人、法人または団体からご提供いただいた資金を、県内の人と生きものの共生や失われつつある生物多様性を守り育てる活動に活用することにより、生物多様性から得られる恵み(生態系サービス)を後世に引き継いでいくことを目的とする。
 

全体像

      事業の全体像


募集期間

 平成26年8月4日(月)~平成26年8月25日(月)
 

資金交付額

 1団体あたり5万円~100万円


募集概要

応募資格 次の全てに該当する法人または団体(任意団体やグループを含む。)自然再生ふくいロゴ2

  (1)県が行う「自然再生ふくい行動プロジェクト」の登録団体であること。
     (未登録の場合は、選考決定までに登録を行うこと。)
  (2)環境保全活動を実施するための組織体制が整っていること。
  (3)特定の政党や宗教への偏りをもたないこと。
  (4)県税を滞納していないこと。

活動の要件 次の全てを満たす活動

  (1)福井県内において実施するものであること。
  (2)環境に配慮する意識の醸成が期待できるものであること。
  (3)継続性が見込まれるものであること。
  (4)活動場所に生息する生きもの物を守り育てる活動であること。
  (5)営利を目的としたものでないこと。
  (6)資金の提供を受けた年度内に活動を完了できる見込みがあること。
  (7)活動に必要な経費が、5万円以上であること。ガイドブック
 

対象となる活動 「だれでもどこでも自然再生ふくいガイドブック」(福井県自然環境課発行)に掲載されている取組み内容

 (1)生き物の生息場所整備
    コウノトリやアベサンショウウオなどの希少な生きもの、メダカやカブトムシなどの身近な生き物の生息環境の保全・再生が対象となります。
    例・街中に野鳥やチョウ、トンボなどの昆虫を呼びもどすための活動アベサンショウウオ
      ・ホタルを再生するため岸辺の林を再生するなどの活動
      ・コハクチョウなどの野鳥を呼ぶ冬水田んぼなどの水田環境の整備
      ・水田魚道の設置などの水田周辺の生き物の生息環境の整備コウノトリ
 (2)地域の生態系に影響を与える外来生物の駆除活動外来種駆除
    例)アメリカザリガニ、ウシガエル、ブラックバス、ブルーギル等の捕獲駆除
      オオキンケイギク、セイタカアワダチソウ、オオハンゴンソウ等の除去
 

 申請手続き

 「ふくい生物多様性保全支援事業サポーター申請書」と関係書類を添えて、下記申込み先へ送付してください。

 ※様式は、下記からダウンロードできます。
 ・ 申請書
 ・様式2-2

 
 <参考>  ふくい生物多様性保全支援事業実施要綱(PDF形式:164KB)
                 ふくい生物多様性保全支援事業交付要領(PDF形式:247KB)

選考決定について

 提出いただいた申請書類を審査し、補助対象者を選考決定し、結果を通知します。 

PRについて

 当協議会では、専用ホームページやマスメディアへの情報提供等を通じて、応援スポンサーや保全・再生サポーターの環境貢献活動をPRします。
 

問合せ・申込み先

〒910-8580 福井県福井市大手3丁目17-1
環境ふくい推進協議会事務局(福井県安全環境部自然環境課内)
TEL 0776-20-0305 FAX 0776-20-0635
E-mail :shizen@pref.fukui.lg.jp
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shizen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

自然環境課

電話番号:0776-20-0305ファックス:0776-20-0635メール:shizen@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)