北陸新幹線レポート ~響くつち音、広がる未来~

最終更新日 2018年9月28日ページID 035578

印刷

 平成34年度末に敦賀まで開業予定の北陸新幹線。現在、沿線では工事が着々と進められています。
本レポートでは、県民のみなさんに100年に1度のプロジェクトである新幹線事業を見て、感じていただけるよう、今しか見ることができない工事の状況をはじめ、北陸新幹線に関する様々な情報を随時提供していきます。
 

第5号(平成30年9月15日発行)

           【内容】
      ○えちぜん鉄道高架化完了!
      ○福井駅拡張施設の基本レイアウトが決定しました!
      ○駅のユニバーサルデザイン ~誰もが利用しやすい駅に~
      ○敦賀車両基地(仮称)の整備が始まりました
      ○小学生向け小冊子「新幹線が福井にやってくる!」を発行しました 
                 ○北陸新幹線親子見学会を開催しました
      ○並行在来線の経営・運行に関する基本方針を決定しました 

 

第4号(平成30年5月22日発行)

    【内容】
      ○県内の工事着手率が100%に!
      ○県内4駅舎の外観デザインが決定しました!
      ○雪に強い北陸新幹線
      ○防音壁の透明化について ~車窓から福井の風景を~
      ○携帯電話の不感対策について
      ○新幹線建設予定地の発掘調査成果を発表します
      ○新幹線の出前講座、工事現場見学会を行います
      ○あわら鉄道建設所が開所しました


 

第3号(平成30年1月31日発行)

    【内容】
      ○新幹線の駅舎デザイン案を紹介します
         ・福井駅「太古から未来へ ~悠久の歴史と自然がみえる駅~」
         ・芦原温泉駅「あわらの大地に湧き出る贅の駅」
         ・南越(仮称)駅「伝統・文化を未来につなぐシンボルとしての駅」
         ・敦賀駅「空にうかぶ ~自然に囲まれ、港を望む駅~」
      ○2018年度 金沢・敦賀間の整備費は大幅増の2,250億円に!
      ○柿原トンネル(あわら市)の陥没事故について
      ○第3セクターによる北陸本線の運行に向けた準備を進めています

 

第2号(平成29年9月1日発行)

    【内容】
      ○敦賀駅は上下乗換え方式で整備することを決定
      ○福井駅は新幹線ホームの開口部や改札の増設などが決定
      ○柿原トンネルでは田畑の真下を新幹線が走行します
      ○竹田川には3つの橋りょうを架設します
      ○九頭竜川橋りょう工事も順調に進んでいます
      ○小中学生を対象に現場見学会を開催しました
      〇駅舎のデザインが今年度内に決定
      〇建設現場の定点写真をホームページで公開中!


 

創刊号(平成29年5月14日発行)

    【内容】
      ○敦賀以西ルートは、小浜京都ルートに決定!
         ・全線開業後の所要時間
         ・全線開業までのスケジュール
      ○福井市高柳、森田地区において高架橋工事が目に見えて進展
      ○金沢以西で初!「押し出し工法」で交通規制時間を短縮
      ○九頭竜川橋りょう工事も順調に進んでいます
      ○全国6番目の長さとなる新北陸トンネルは3分の1の掘削が完了
      ○敦賀開業までのスケジュール
      〇平成34年度末、第3セクターによる在来線の運行が始まります

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shinkansen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

新幹線建設推進課

電話番号:0776-20-0298ファックス:0776-20-0729メール:shinkansen@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)