【H26.5.28】与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームにおける工期短縮案の説明

最終更新日 2013年12月11日ページID 026987

印刷

  5月28日、整備新幹線の工期短縮について議論を行っている与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(与党PT)会合に、西川知事が出席しました。当日は、本県をはじめ、北海道、長崎県の地元自治体とJR九州からヒアリングが行われました。

 会合で西川知事は、「整備新幹線は、アベノミクスの第3の矢である成長戦略そのものであり、整備スキームを早急に見直し、建設を促進することが、地方重視の安倍政権の大きな柱の政策に合致する」と述べ、敦賀開業を少なくとも3年早め、平成34年度までに開業可能とあらためて提案しました。

 工期短縮に必要な財源確保については、JRから支払われる金沢・敦賀間の貸付料の前倒し活用や貸付料算定期間の延長などを提案するとともに、工期短縮により単年度当たりの地方負担が増えた場合でも、応分の負担は行う旨を説明しました。
 最後に「与党PTとして速やかに結論を得、政府との検討委員会を早急に設置し、本県の要望を1日も早く実現して欲しい」と強く求めました。 
 

与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム会合の様子

与党PT座長    与党PT会合の様子

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、shinkansen@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

新幹線建設推進課

電話番号:0776-20-0298ファックス:0776-20-0729メール:shinkansen@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)