エイズについて(坂井健康福祉センター・坂井保健所)

最終更新日 2013年12月6日ページID 025232

印刷

本文へ 

「エイズ」って何?

 エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することによっておこる病気です。しかし、HIV感染=エイズということではありません。
 HIVは免疫のしくみの中心であるヘルパーTリンパ球(CD4細胞)という白血球などに感染します。そして、からだを病気から守っている免疫力を破壊していきます。その後、自覚症状のない時期(無症候期)が数年続き、さらに進行すると、病気とたたかう抵抗力(免疫)が低下し、本来なら自分の力でおさえることのできる病気(日和見感染症とよばれる)などを発症するようになってしまいます。 このようにして、抵抗力が落ちることで発症する疾患のうち、代表的な23の指標となる疾患が決められており、これらを発症した時点でエイズ発症と診断されます。
 現在はさまざまな治療薬が出ており、きちんと服薬することでエイズ発症を予防することが可能になっています。

 

HIVは3つの経路で感染します。

  1. 性的接触による感染
  2. 母から子への感染
  3. 血液による感染
     

HIVに感染するとどうなるの?

  1. 無症状の長い潜伏期間があります。

    平均10年ほどの潜伏期間があります。自覚症状はありません。ほかの人にHIVを感染させる可能性はあります。この時期に、早めの適切な治療をすれば発症時期を遅らせることができます。

  2. エイズ関連症候群

    エイズ発症前に次のような症状が現れる場合があります。
    発熱、下痢、リンパ節のはれ、体重減少、寝汗など。

  3. エイズ(AIDS)の発症

    主な病気には、カリニ肺炎やカンジダ症などの日和見感染、カポジ肉腫などの悪性腫瘍、神経障害などがあります。

  • 日和見感染とは・・・
    普通の健康な人には感染症を起こさずに、弱毒微生物または非病原微生物あるいは平素無害菌などと呼ばれた病原体が原因で発症するもの
     

エイズ相談・検査

 センターでは、エイズ相談・検査を実施しています。

  • 日時:毎月第2・4水曜日  9:00~11:00 

(定例日が祝日の場合は、実施しません。) 

 ・原則として無料・匿名で検査が受けられ、秘密は固く守られます。
 ・予約は不要です。時間内にお越し頂き、正面玄関から直接2階待合室に上がってください。
 ・感染を受けたと思われる日から3か月以上経過した時点で、検査を受けてください。
 ・検査結果は、原則1週間ほどで面接の上、説明します。
 ・相談内容にもよりますが、検査には10分程度の時間が必要です。
 ・エイズ検査はこのような流れで実施しています。
      エイズ検査ってどんな感じ?(PDF 132KB)

 県内の各健康福祉センターで、相談・検査を実施しています。

 それぞれ、日時が違っておりますので、ご確認ください。
 県内の健康福祉センターでのエイズ相談・検査日時についてはこちらです。

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、s-fukusi-c@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

坂井健康福祉センター地域保健課

電話番号:0776-73-4858ファックス:0776-73-0763メール:s-fukusi-c@pref.fukui.lg.jp

あわら市春宮2丁目21-17(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)