第2回若狭地区スマート農業実演会を開催しました。

最終更新日 2019年9月5日ページID 041887

印刷

 9月3日、小浜市宮川地区の株式会社「若狭の恵」においてスマート農業の実演会を開催し、農業者や関係機関など約30名が参加しました。

 

 この日は晴天に恵まれたものの、降り続いた雨の影響で田んぼの耕うんが出来ず、同社穀物乾燥場前の広場でGPSレベラーの説明および実演を行いました。

 今回使用したGPSの測位方式はRTK-GPSと呼ばれ、1つの基地局と上空にある衛星によって田んぼの高低差マップ、面積、土の量などを計測することができます。この作業機で広場を走行し、広場の高低差や面積を測定。その後、GPSレベラーのアンテナを自動で上下させながら走行し、モニター上で均平作業の様子を確認しました。

 「若狭の恵」前野社長は「今回は天候の都合により田んぼでの実演が出来なかったのが残念。効率的であることは分かったので、実際の田んぼでリアルタイムで更新されるモニターを見ながら均平作業を行ってみたい」と話されていました。

 

  • スマート農業:ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、超省力・高品質生産を実現する新たな農業のこと
  • GPSレベラー:GPSを利用し、田んぼや畑の凸凹を均平にする作業機

    GPSレベラーGPSレベラーモニター実演会の様子2

  • 左:GPSレベラー付きトラクター(白い作業機がGPSレベラー)

  • 中央:GPSレベラーのモニター。圃場の高い部分を赤色、低い部分を青色で示している。均平作業を行った部分は白色で色分けされる。
  • 右:実演会の様子
アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)