山内かぶらをフレンチで。新たな味を学びました。

最終更新日 2019年1月11日ページID 040373

印刷

 1月7日(月)に福井市のフレンチレストラン『ジャルダン』において、山内かぶらちゃんの会と若狭町総合戦略課が共催で、若狭町伝統野菜『山内かぶら』味の勉強会を行いました。ジャルダンのシェフ考案の山内かぶらを使用したリゾット、スープなどをいただき、山内かぶらの新たな魅力の引き出し方について学びました。

 平田シェフからは「山内かぶらは、強い風味と濃い味が特徴。ヨーロッパのかぶの味に近く、フレンチとの相性が良い。この味を多くの人に知ってもらえるよう応援したい。」と激励を受けました。

 会長の飛永さんは「普段、山内かぶらを和食で食べることが多いのでフレンチでいただくことは勉強になった。これからさらにおいしい山内かぶらを作りたい。」と話されました。また、参加した会員は「来年も頑張って山内かぶらを作ります。」と意気込んでいました。

 山内かぶらは、若狭町山内集落で100年以上前から栽培されている伝統野菜(福井百歳やさい)です。山内かぶらちゃんの会では、生のかぶらや漬物、干しかぶらを販売しています。

 当部では今後も引き続き山内かぶらをはじめ特産品の生産、PRの支援を行っていきます。(伊阪、奥村)

ムース山内かぶらのムースとずわい蟹

スープ山内かぶらのコンソメスープ

リゾット若狭米と干しかぶらのリゾット

集合 山内かぶら

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)