ソバ小畦立て播種技術実演会を開催しました。

最終更新日 2018年8月1日ページID 039236

印刷

 7月31日、株式会社永耕農産(小浜市)の水田転作畑において、当部と県農業試験場はソバの安定生産に向けた「ソバ小畦立(こうねた)播種(はしゅ)技術実演会」を開催し、ソバ生産者や関係機関など約40名が参加しました。

 ソバは雨による湿害を受けやすく、播種時以降に強い雨が降ると出芽や初期生育が不良になり、安定生産の妨げになっています。これを回避するため、県農業試験場ではメーカーと共同で、ソバの播種と同時に小さい畝を立て、出芽を安定させる装置を開発しました。今回、永耕農産の社員が実際に播種を実演し、参加者は今までの播種技術である平畦播種との違いを実感しました。永耕農産の辻川代表取締役は「この技術で安定した収量を得ることを期待しており、本装置の導入を検討したい。」と話されていました。

 今後、当部では本装置による県産ソバの安定生産に向けて、現地実証に取組んでいきます。(増田)

小畦立

比較

小畦立て播種(左)と平畦播種(右)の湿害比較 ※県農業試験場資料より

 詳しく知りたい場合は、下記URLを参照してください。ふくいアグリネットHPに移動します。

 http://www.agri-net.pref.fukui.jp/shiken/hukyu/h29.html

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)