周年栽培型の園芸施設でミニトマトの出荷が始まりました。

最終更新日 2018年7月12日ページID 039121

印刷

  県下で初めて農業法人が “ミニトマト” の周年栽培を開始し、この6月下旬から収穫・出荷が始まっています。収穫された果実の選果作業(果実の大きさに応じて選別する作業)は、“選果機” と呼ばれる電動の機械によって自動で行われます。供給台に果実を入れると、ローラーで運ばれながら大きさに応じて選別され、出荷箱に入れられます。この選果機により、効率的な生産体制の確立につながっています。箱詰めされたミニトマトは、独自ブランド “赤珠(あかたま)” として、県内をはじめ、関西方面の百貨店やスーパーで販売されます。

 当部では、周年栽培型の園芸施設によるミニトマト栽培の技術指導を行い、効率的かつ安定的な生産体制の確立を目指しています。(伊阪)

選果 あかたま
アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)