トヨタ生産方式「カイゼン」を学びました。

最終更新日 2019年2月25日ページID 040736

印刷

 2月18日(月)、JA若狭活性化センター(小浜市遠敷)にて、カイゼンコンサルタント代表の濵松史郎(はままつ ふみお)さんを講師に迎え、農業経営改善研修会を開催し、管内の農業者や農業法人等70名の参加がありました。

 濵松さんは、トヨタ自動車で43年間勤務され、現在は(工業、医療、農業など幅広い分野で工程改善の指導にあたられています。研修会では、菊農家や施設トマト、棚田稲作での改善事例の紹介や、効率的に物事を伝えるための模擬演習等、カイゼンの考え方や手法を学びました。

 カイゼンは、現場関係者がみんなで知恵を絞って「現状を常により良い方向に改善しよう」とする継続的な取り組みです。

 この取組みは、福井県が推進するGAP(農業生産工程管理)と共通しており、当部では今後とも、課題を一つ一つ改善する農業者の取組みを応援していきます。(伊阪)

研修会1

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)