山内かぶらの新たな味を勉強しました

最終更新日 2018年3月22日ページID 037960

印刷

 3月20日(火)に福井市のフレンチレストラン『ジャルダン』にて、山内かぶらちゃんの会が、若狭町総合戦略課と共催で、若狭町伝統野菜『山内かぶら』味の勉強会を行いました。ジャルダンのシェフ考案の山内かぶらのムース、干しかぶらのリゾットなどをいただき、山内かぶらの新しい使い方について学びました。

 ジャルダンの総料理長、黒味シェフから「この素晴らしい山内かぶらをこれからも応援していきたい。」との嬉しいお言葉をいただき、参加した山内かぶらちゃんの会の会員さん達は、「来年も頑張って山内かぶらを作ります。」と意気込んでいました。

 山内かぶらは、若狭町山内集落で100年以上前から栽培されている伝統野菜(福井百歳やさい)。歯ごたえの良さとかぶら本来の強い風味が特徴で、とてもおいしいです。また、普通のかぶらと違い、火を通すと煮崩れしにくく、より一層の甘味が甘みが際立ちます。 (堀口)

ジャルダン1 ジャルダン2

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)