サルを寄せつけない集落づくりの研修会を開催しました。

最終更新日 2017年10月31日ページID 036889

印刷


 10月28日(土)若狭町と協働し、鳥羽・三十三地区においてサルを寄せつけない集落づくりを進める研修会を行い、集落の代表者など60名の参加がありました。

 当日はサルの被害を受けている3集落を歩き、サルを呼び寄せる原因を探りました。その後、今後の課題と対策についてグループワークを実施しました。活発な意見交換が行われ「早速集落に持ちかえり実践したい。」と意気込む方もいました。

サルは農産物被害だけに留まらず、家屋侵入や突然襲われるなどの深刻な生活被害を起こしています。

 嶺南振興局では、集落からサルのエサとなるような放置されたカキや野菜くずを無くすとともに、住民による追い払いを行い、サルを寄せつけない集落づくりを進めることを目的に研修会を開催しています。(西村)

  現地巡回の風景    グループワーキングのひとコマ

 

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、nogyo-k@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

嶺南振興局農業経営支援部

電話番号:0770-56-2221ファックス:0770-56-3296メール:nogyo-k@pref.fukui.lg.jp

小浜市遠敷1丁目101(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)