河川主要事業

最終更新日 2017年2月8日ページID 032690

印刷

河川主要事業の紹介

 河川事業では、河川のはん濫等による被害を防止する工事(河床の掘削や河川の拡幅など)を行っています。

 また、治水上の安全性の確認、河川の環境維持と利用促進のための維持管理工事(堤防の草刈や河川内の伐木など)も行っています。

 

広域河川改修工事(社会資本整備総合交付金) 一級河川 大蓮寺川

 勝山中心市街地を縫うように流れる大蓮寺川は、川の断面が小さいため疎通能力(水を流す能力)が低く、過去に幾度となく浸水被害が発生しており、その改修が急務となっています。

 そのため、平成4年度から各種調査(土質・地下水など)・測量・設計などに着手し、河川の改修計画を作成しました。

 現改修計画は、50年に1度程度発生する洪水を防ぐために、既存河川の河床を掘削し断面を大きくする工事(現川改修工事という)および市道元禄線および立石線下に放水路を建設し九頭竜川に直接排水する工事を行うこととしています。

 一級河川大蓮寺川河川整備計画抜粋(PDF形式:887KB)
 九頭竜川水系中流部ブロック河川整備計画(PDF形式:5669KB)
 


 現在は現川改修工事が完了し、市道元禄線下の放水路工事を行っています。
 

    計画概要

  • 工事延長    約2,900m             
  • 現川改修    約690m
  • 元禄線放水路  約800m
  • 立石線放水路  約1,400m
  • 計画高水流量  120m3/s
  • 事業期間    平成4年度~平成36年度    
  • 総事業費    122億円                  
 平面図
平 面 図

 元禄線横断図

 現川改修横断図

元禄線横断図 現川改修横断図
シールド工法イメージ 現川改修横断図
元禄線放水路工法 現川改修施工状況写真

 

ページのトップへもどる
 

河川の維持管理

 より安全で快適な河川を維持するため、洪水などの緊急時の対応をはじめ、堤防や護岸などの修繕、河床の堆積土砂などの除去、河川敷内の支障木伐採や堤防の除草などを実施しています。
 また、定期的に河川パトロールを行い、異常の有無を確認し、より迅速で適切な対応を心がけています。 

除草着手前 除草完了後
河川除草 着手前 河川除草 完了後
伐木着手前 伐木完了後
河川伐木 着手前 河川伐木 完了後

 ページのトップへもどる

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、oku-dobok@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

奥越土木事務所

電話番号:0779-66-1221ファックス:0779-66-1616メール:oku-dobok@pref.fukui.lg.jp

〒912-0016 大野市友江11-14(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)