平成22年度活動報告書

最終更新日 2013年7月17日ページID 012740

印刷

平成22年度の活動報告
 

勝山市小原地区でフットパス体験会を開催しました(11/02/20)

 平成23年2月20日(日)、勝山市小原地区でフットパス体験会を開催しました。
今回のフットパスは17名の参加のもと、福井県内でも有数の豪雪地域である小原地区で「かんじき」を着用しての雪山トレッキングです。
気持ちよい冬晴れの中、参加者の方々は小原地区の街並みや森林の風景を楽しみました。
フットパス1 フットパスの様子2

奥越管内の公民館・小学校で越前カンタケ教室を実施しました(10/11/21)

 昨年に引き続き、今年も越前カンタケ教室を開催しました。
越前カンタケは、池田町で発見された野生のヒラタケを総合グリーンセンターで組織培養して商品化されたキノコで、福井県の特産ブランド品の認定を受けています。越前カンタケのおいしさを広く知ってもらい、需要を拡大するため、平成19年より小学校等での普及活動を行っています。
カンタケ教室の様子1 カンタケ教室の様子2

勝山市谷地区でフットパス体験会を開催しました(10/11/07)

 平成22年11月7日(日)に谷地区でフットパス体験会を開催しました。
約20名に参加していただき、県内でも有数のブナ林等の豊かな自然を体験してもらいました。
フットパスの様子1 フットパスの様子2

九頭竜紅葉まつりで木工教室を開催しました(10/10/31)

 平成22年10月31日(日)に開催された九頭竜紅葉まつりにおいて、木工教室を実施しました。
木工教室では、奥越の間伐材を使用した杉箸づくりを行い、家族連れなど多くの方に参加していただけました。杉箸づくりを通して、木の良さや間伐材をたくさん使う事の大切さを感じてくれたのではないかと思っています。 
杉箸づくり1 杉箸づくり

「間伐研修会」を開催しました(10/10/09)

 平成22年10月19日(金)に勝山市の森林で、森林所有者を対象にした間伐講習会を開催しました。
森林所有者に間伐の必要性を知ってもらうことや、森林施業の集約化によって高性能林業機械を導入した収益の見込める間伐施業が可能であることを周知し、森林所有者に森林施業に対する意欲を高めてもらうことを目的として開催しています。 
伐採の様子 積込の様子

トラックへの積み込み

ドコモ北陸支社による「ドコモ勝山平泉寺の森」整備活動が実施されました(10/10/22)

 平成22年10月22日(金)、勝山市平泉寺で企業の森整備活動「ドコモ勝山平泉寺の森」が実施されました。
過去に植樹した広葉樹の補植のため、県が提供したミズナラの苗木約50本を植樹しました。参加した方々から、「大きく育ってほしい」等の声が聞かれ、これらの活動を通し、森林に対する理解が深まっていることを実感しています。
植樹の様子1 植樹の様子2
 

勝山市「かつやま恐竜の森」で小中学生による植樹体験を行いました(10/09/28)

 平成22年9月28日(火)に勝山市村岡町で村岡小学校児童と中部中学校生徒による植樹活動を行いました。
植樹活動では、シラカシやモミジ、スダジイ等の広葉樹苗木130本を恐竜博物館内の広場やかつやま恐竜の森に植樹しました。
植樹の様子1 植樹の様子2
       植樹方法の説明                   植樹活動の様子
植樹の様子3 
        植樹活動の様子

高校生を対象とした「建築現場見学会」を開催しました(10/08/27)

 平成22年8月27日(木)、木造住宅ができるまでの各段階(木の伐採現場から木材加工、住宅の建築現場まで)を見学してもらい、福井の木を使う事の理解を深めてもらうため、大野東高校情報・建設科建設コースの2年生11名を対象とした「現場見学会~ふくいの木 県産材を使おう~」を開催しました 。
 森林内での間伐材の伐採現場では実際に間伐の体験もしてもらい、山で生育している木から住宅に使用されるまでの過程を知ってもらうことで、木材利用に対する理解を深めてもらうことができたのではないかと考えています。
 間伐の様子1 間伐の様子1
       間伐体験の様子                 高性能林業機械の観察

「陽明の森プロジェクト(下刈り活動)」が実施されました(10/08/24)

 平成22年8月24日(火)に、大野市陽明中学校生徒による「陽明の森プロジェクト」が実施されました。
今回の活動は、春に植栽した広葉樹が雑草に被圧されないための下刈り活動で、約140名の生徒が1時間にわたって作業を行いました。
下刈りの様子1 下刈りの様子2
       下刈り活動の様子1               下刈り活動の様子2 

『アボット勝山の森』整備活動が実施されました(10/05/22) 

 平成22年5月22日、勝山市奥山でアボットジャパン株式会社による森林整備活動「アボット勝山の森」が実施されました。
アボットジャパンの職員の方やその家族、勝山市内の緑の少年団ら約300人が参加し、オニグルミやキハダ等の広葉樹約500本を植樹しました。
参加した方々からは、「これからの成長が楽しみ」「成長の様子をまた見にきます」といった声が聞かれました。
 活動写真1 活動写真2
    たくさんの方が参加しました             しっかりと植樹できました
 活動写真3
   林業部職員による植樹方法の説明

「陽明の森プロジェクト」が実施されました(10/05/14)

 大野市陽明中学校の全校生徒による「陽明の森プロジェクト」が実施され、同市南六呂師の斜面約0.4HAにおよそ1,000本の広葉樹を植栽しました。
このプロジェクトは今年で3年目を迎え、3年間で約1.4HAの斜面に広葉樹およそ3,000本が植栽されました。
夏には、雑草による植栽木の被圧を防ぐため、生徒による下刈り活動が予定されています。
植樹の様子1 植樹の様子2
     中学生による植樹の様子①              植樹の様子② 

 

福井えきまえecoフェスティバルで「森林の紙芝居」を実演しました(10/05/1,2)

 5月1~2日、福井駅西口で開催された「福井えきまえecoフェスティバル」で、森の働きや役割、県産材を使用することの大切さを知ってもらうための紙芝居「森林の紙芝居」を実演しました。多くの家族連れの方に見てもらい、県産材を使う事の大切さを多くの方々に伝えることができたと感じています。
紙芝居の様子1 紙芝居の様子2
                    駅前での「森の紙芝居」実演           


 ≪お知らせ≫
 一昨年より実施している「森林の紙芝居」ですが、本年度におきましても森や木の役割を楽しく知ってもらうための林業職員手作り紙芝居「森林の紙芝居」の実演を行います。幼稚園や公民館のイベント等多くの人が集まる場所での紙芝居依頼も大歓迎ですので、お気軽にご連絡ください。

連絡先:林業部林業・木材活用課 坪井 
TEL:0779-65-1492(直通) 
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、oku-noso@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

奥越農林総合事務所

電話番号:0779-65-1286ファックス:0779-65-1287メール:oku-noso@pref.fukui.lg.jp

〒912-0016 大野市友江11-10(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)