奥越地区で米粉を使った新たな商品が味わえるようになりました♪

最終更新日 2014年5月1日ページID 023159

印刷

 奥越農林事務所では、大野市、勝山市、JAテラル越前と協力し、一般家庭、小中学校等、さまざまな場面での米粉の活用を推進しています。
 加えて、新たに、米粉利用に意欲のある食品製造業者や飲食店等を募集し、奥越産米粉を使った新たな商品の試作や試験販売、来客者等へのアンケート等を行いました。
 その結果、下記の商品が誕生し、大野市、勝山市で味わえるようになりました。



米粉開発商品
 

<菓子>

店  名 商 品 名 住  所
毎川金花堂 シフォン(シフォンケーキ)
大野米モンブランロール(ロールケーキ)
大野市新庄14-16-2
たまご工房 エグエグ 左義長ロール(ロールケーキ) 勝山市昭和町1-7-40
<料理>
店  名 商 品 名 住  所
チポラ 白身魚の米粉ムニエル エストラゴン風味 大野市中荒井町2-418
ビストロ シャルム 米粉でとろみをつけたあさりと春野菜の
チャウダー
大野市陽明町3-401
和牛アキレス腱と米粉のもちもちガレット
山菜入りバターソース
旬彩遊食 厨ぼうず 米粉のピザ 勝山市長山町1-5-50

 商品開発をしていただいたお店の方からは、粉をふるう必要がないこと等、調理作業性がよいとの意見もあった他、ピザはパリパリ感が増したり、ケーキはフワフワ感が思ったより出たとの感想がありました。
 また、来客者へのアンケートでは、「おいしい」「また食べてみたい」との答えが多く、米粉の特徴を感じていただけたようです。 



 近年、米粉パンや米粉麺、米粉のお菓子など、たくさんの種類の米粉食品が販売されるようになりました。
 アンケートに答えていただいた中でも、7割の人が米粉を使った商品を買って食べたことがあるとの答えがあったことからも、米粉食品の認知度が高く、米粉を使った料理があれば食べたい(買いたい)と答えた人が66%いる等、米粉商品に興味や関心がある人が多いことがわかりました。

 米粉を料理に使ったり、米粉商品を買って食べたりすることで、米の消費拡大や地産地消にもつながります。
 モッチリしたり、カリッとしたりと、米粉ならではの特徴がいろいろありますので、是非、様々な場面で米粉を食べてください。
 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、oku-noso@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

奥越農林総合事務所

電話番号:0779-65-1286ファックス:0779-65-1287メール:oku-noso@pref.fukui.lg.jp

〒912-0016 大野市友江11-10(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)