カエル類の移動経路確保に配慮した工法

最終更新日 2012年6月6日ページID 013236

印刷

背景とねらい

自然環境保全への関心が高まる中、里地里山の自然環境の保全が求められてきています。農業農村整備事業でも、自然環境への配慮が必要です。
 水田周辺に生育・生息する生きものにとって水路のコンクリート化は大きな影響を与えます。特に山際に設置されるコンクリート水路は、里山と水田の連続性を分断します。
 カエル類は、里山と水田を行き来しながら生活しているため、カエル類を指標的な生きものと捉え、コンクリート水路の利便性と生きものの移動経路(エコロジカルコリドー)を確保する手法
について検討を行ないました。
 

技術の内容と特徴

大きさの異なるコンクリート2次製品を活用したスロープ水路工法を開発しました。
水路内に土砂堆積部分を形成することにより、水路に落下したカエルの脱出ポイントが出来ます。
既存のコンクリート製品を利用していますので、材料の入手および経済性に優れます。
水路用地幅は、従来の水路施工幅と同等です。

スロープ部分画像  全景

イメージ図

 

 

戻る    農村振興課のトップへ

 

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、noson@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

農村振興課

電話番号:0776-20-0451ファックス:0776-20-0656メール:noson@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)