水田の整備および既存施設の有効活用

最終更新日 2010年12月22日ページID 013570

印刷

概 要

水田の区画が小さいため大型農業機械の導入ができず効率的な営農ができない地域や、湿田軟弱土壌のため転作ができない水田について、区画の整形・大型化・暗渠排水の整備等を実施し、低コスト高生産性農業の推進、乾田化による多様な作物の導入を可能とする整備を推進します。
水田の整備に併せて農地の利用集積を行い、「効率か安定的な農業経営を営む者」の育成を推進します。
また、農村と農村をつなぐ農道、ほ場整備と連携して整備されてきた農道など福井県内の市町が管理する農道は、農業生産や物流、住民の生活を生活を支える社会資本として農村地域の住民に広く利用されています。これらの農道ストックの多くは、今後、順次更新時期を迎えることになりますが、この施設の維持・更新には、多額の費用と時間が必要とされることから、施設の延命化対策などにより既存施設の有効活用を図ります。

水田整備(区画整理)のイメージ

区画整理の説明 

 

農道整備のイメージ 

 農道整備の説明

                     もどる  目次のページへ  すすむ

農村振興課のトップへ

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、noson@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

農村振興課

電話番号:0776-20-0451ファックス:0776-20-0656メール:noson@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)