福井県の主な農業農村整備

最終更新日 2015年5月13日ページID 013566

印刷

ふくいの主な農業農村整備事業

農業水利施設整備 ・ 水田の整備 ・ 中山間地域の振興 ・ 農村生活環境の整備 ・ 農地・農業用施設の防災対策
農業用水利施設の予防保全対策
 ・ 農業・農村の多面的機能の維持と農村振興 

農業水利施設整備

◇国営かんがい排水事業 九頭竜川下流地区、国営関連県営事業
 本地区は福井市ほか2市1町にまたがる福井・坂井平野に位置し、受益面積11,642haの県内有数の農業地帯です。しかしながら、用水路の老朽化による維持管理費の増大、都市化に伴う生活ゴミの流入等による水質悪化、九頭竜川の塩水遡上や井戸水の塩水化、慢性的な用水不足などの課題があります。このため、地域の基幹的用水路および末端用水路を国営および関連する県営事業によりパイプライン化し、配水管理の合理化を図るとともに地域全体の農業用水の再編を行い、用水の安定供給を目指すものです。
 国営関連連県営事業では、高品質な米作りに欠かせない良質な農業用水の安定供給と効率的な水利用を図るため、幹線および末端パイプラインを整備しています。                                    
九頭竜 図面     かんがい排水事業 西江・中江地区
                          かんがい排水事業 西江・中江地区                                                                                     

◇九頭竜川地域 農と水の振興ビジョン

 国営かんがい排水事業や関連する県営事業を実施している九頭竜川下流地域を対象とした、農業と農村の振興策『九頭竜川地域 農と水の振興ビジョン』を策定しました。本ビジョンは、平成30年度を目標年次として推進していきます。

 → 詳しくはこちら 
                                                                                                                                     

水田の整備

◇経営体育成基盤整備事業
 ほ場の大区画や暗渠排水の整備を行い、生産効率の向上と乾田化による汎用化を進めています。併せて生産組織など経営体の育成と規模拡大を図り、省力化とコスト低減による農業所得の向上を目指します。

下舌

経営体育成基盤整備事業 下舌・上黒谷地区

(酒造会社と連携し、酒米が作付けされています。) 

【水田整備状況】  (平成26年3月現在)  

  ほ場整備

大区画化

※1ha以上

汎用化 パイプライン化
整備面積 31,052ha 4,751ha 30,697ha 15,214ha
整備率 87% 13% 86% 43%

                                              

中山間地域の振興

◇中山間地域総合整備事業
 中山間地域の農業は、食料安定供給だけではなく、生活活動を通じて国土保全、環境保全、水資源の涵養等に大きな役割を果たしています。中山間地域の農業生産基盤、農村生活環境基盤を整備し、農地の維持保全や集落機能の維持と活性化を推進します。

   湧水     暗渠排水

湧水処置施工後の水田             暗渠排水施工後の中干しの状況

農村生活環境の整備・保全対策

◇農道保全対策事業
 農業生産や流通、地域住民の生活を向上させる農道の機能診断、計画的な保全対策を実施しています。
 坂井北部地区(あわら市)では、県道とJRを横断する橋梁の機能診断および耐震点検調査を実施し、補修工事、耐震化整備を実施しています。

※県営造成の農道橋、トンネルについて、機能診断、耐震点検調査を実施しています。

       落橋防止工事     橋脚補強工事

 落橋防止工事                    橋脚補強工事

坂井北部地区(あわら市)

◇農業集落排水事業
 農業用用排水の水質汚濁を防止し、農村の生活環境の向上を図るため汚水処理施設の整備を行っています。 近年では、汚水処理施設の機能強化や老朽化した施設の補修工事が増えています。集落排水施設の整備率 97.6%(平成26年3月末現在)

文殊

  文殊地区(福井市)

農地・農業用施設の防災対策

◇農業用河川工作物応急対策事業
 洪水等による農地・農業用施設および人家等への被害を未然に防止するため、頭首工や樋門・樋管改修工を実施しています。

松ヶ鼻

松ヶ鼻地区(頭首工)

◇農村災害対策整備事業
 地震や豪雨等による災害を未然に防止し、安全安心な農村生活を実現するため、農村地域の用排水路やため池などの整備する総合的な防災対策を実施しています。

高山1

ため池(高山用水)

◇地すべり対策事業
 地すべりによる農地・農業用施設および人家、公共施設等への被害を防止するため、地すべりの主要因である地下水を排除する集水井や地表水の地下への浸透を防止する承水路を整備しています。

中山3

集水井(中山3期地区)

農業用水利施設の予防保全対策

 ○現況と課題
 福井県では、昭和30年代から積極的に基盤整備を進めてきた結果、ほ場整備率は90%近くまで進んだ一方で、施設の大半が耐用年数を超過するなど老朽化が進んでいます。そのため、土地改良区、地元農家の方が連携して、施設の監視・診断・補修・更新等を行い、土地改良施設の機能を安定的かつ持続的に維持する体制の構築を目指しています。

【県営造成基幹的農業水利施設整備状況(平成26年3月現在)】

  数量
(延長、箇所) 
耐用年数
超過数
超過率 標準
耐用年数
用水路 701km 206km 29.4% 30年
(内管水路) 452km 15km 3.3% 30年
排水路 128km 78km 60.9% 30年
揚水機場 99箇所 52箇所 52.5% 20年
排水機場 53箇所 41箇所 77.4% 20年
頭首工 28箇所 1箇所 3.6% 50年

○基幹的な水利施設ストックマネジメントの流れについて
 基幹的農業水利施設の機能診断は平成17年度より実施しており、調査結果を反映し施設の長寿命化に向けた対策工事やスックマネジメントによる保全計画を作成し、対策工事を実施しています。

○末端水利施設の状況
 末端水利施設の機能診断は、造成後20年を経過している面積26,361haを調査対象として、平成22年度から農林総合事務所、嶺南振興局で調査を開始しています。調査は6ヵ年計画(平成22年~平成27年)で対象施設を全て調査する予定です。本県独自の末端水利施設の調査方法を定め、施設状況の把握に努めています。
 
 【末端調査スケジュール】     

  H22 H23 H24 H25 H26 H27
調査面積 1,418ha 2,196ha 6,579ha 6,156ha 5,525ha 4,489ha
進捗率 5.4% 13.7% 38.7% 62.0% 83.0% 100%

 

農業・農村の多面的機能の維持と農村振興

◇多面的機能支払交付金(旧農地・水保全管理支払交付金) →  詳しくはこちら
 本事業を活用し、農業を支える施設(水路、農道等)の保全管理活動や植栽などの農村環境の保全・向上活動などの地域の共同活動による様々な取組を通して、農業・農村の有する多面的機能の維持発揮を支えています。
 多面的 説明

                                               
  本県の取組対象農地面積は全体で39,700haあり、交付金に取り組む区域面積(交付対象農地面積)は共同活動※で25,354ha、向上活動で17,519haとなっており、取組率は共同活動64%、向上活動44%と全国トップクラスの高い取組率となっています。※旧制度

●共同活動支援取組状況(平成26年3月現在)

  草地 合計
671組織
 
24,078ha 1,241ha

35ha

25,354ha
●向上活動支援取組状況(平成26年3月現在)
  草地 合計
455組織 16,734ha 750ha

35ha

17,519ha

               

このページのトップへ

農村振興課のトップへ       

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、noson@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

農村振興課

電話番号:0776-20-0451ファックス:0776-20-0656メール:noson@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)