林地開発制度

最終更新日 2015年4月1日ページID 003633

印刷

山で開発を行うには・・・

  森林は様々な機能を持っています。この機能が、無秩序な開発によって損なわれることのないよう、
開発行為には一定の基準が定められています。
 開発行為にかかる前には、この基準に基づいた知事の許可が必要です。(森林法第10条の2)

 また、関係法令等に基づく手続きも同時に行ってください。 (関係法令窓口一覧)(Word)


なお、林地開発許可申請様式はこちらから!(Word)


対象となる森林
 地域森林計画(知事が定めた10ヶ年計画)の対象となっている民有林のうち、保安林 等を除いた森林。

対象となる行為
 土石の採取や林地以外への転用など、土地の形質を変更する行為。

規模
 開発面積が1ヘクタールを超えるもの。(0.1ヘクタール以上1ヘクタール以下の開発については届出が必要です。)

問い合わせ先
 開発を行う場所を管轄する、各農林総合事務所、嶺南振興局林業水産部・二州農林部の林地開発担当。

その他
 許可基準は「福井県林地開発制度の手引」を参照してください。上記の事務所や森づくり課に備えてあります。


開発の目的や規模によって審査基準が違います。開発を行うときは早めにご連絡ください。

 

森づくり課」<森を守る>へ戻る

関連ファイルダウンロード

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、mori@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

森づくり課

電話番号:0776-20-0442ファックス:0776-20-0655メール:mori@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)