保安林の指定、解除ってなに?

最終更新日 2008年4月18日ページID 003578

印刷

保安林の指定

1 指定するための要件
 

  • 木竹が集団で生育している土地であること。あるいは、現在は生育していなくても、将来生育する見込がある土地。
  • 指定することによって何らかの利益を受ける人やものが存在し、その利益は公的なものであること。(指定しても利益を受ける人やものが存在しなかったり、受ける利益が私的なものであったりする場合は指定できません。)

 2 指定の手続

  • 水源かん養、土砂流出防備、土砂崩壊防備保安林の指定は農林水産大臣、その他の保安林の指定は知事が行います。指定するためには一定の手続が必要です。 

保安林の解除

1 解除するための要件

  保安林に指定されると、特別な理由がない限り解除することはできません。
  解除できるのは次のような場合です。
   (1) 指定の理由が消滅したとき
      ア 受益の対象が消滅したとき
        (例) 土砂崩壊防備保安林に指定することによって守られていた道路が、
            路線変更により移動した場合

      イ 自然現象により保安林が破壊され、森林に復旧することが困難な場合
        (例) 潮害防備保安林が地盤沈下の発生により消滅した場合
 
      ウ 保安林の機能を代替する施設が建てられたとき

   (2) 公益上の理由により必要が生じたとき

      土地収用法やその他の法律により、道路やダムなどを建設するに当たって
      森林以外の用途へ転用する必要が生じたとき

2 解除の手続 

  解除も指定の手続と同様に、水源かん養、土砂流出防備、土砂崩壊防備保安林の解除は農林水産大臣、その他の保安林の解除は知事が行います。解除するためには一定の手続が必要です。 

 

  「保安林」へ戻る

アンケート
ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、mori@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

森づくり課森林計画・管理グループ

電話番号:0776-20-0443ファックス:0776-20-0655メール:mori@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)