治山事業

最終更新日 2008年4月18日ページID 002362

印刷

治山事業とは・・・・・・ 

 治山事業は、保安林の維持管理を通じて山地に起因する災害から国民の生命・財産・生活を保全する、重要な国土保全政策の一つであり、安全で安心できる豊かな暮らしの実現を図るうえで必要不可欠の事業であります。

  具体的には

 

  基本は災害等で荒廃してしまっている山を早急に元の状態に戻すことです。

 実際にはコンクリートダム等の構造物を造ってはいますが、これは森林を造るための基礎工事で、これらの構造物を造ることにより、山腹崩壊や浸食箇所がこれ以上広がることを防止しています。さらに同時に周辺の森林を整備することにより、災害に強い森林を造っています。

 

 被災状況
                      被災時 

                     矢印

 復旧後
                      復旧後

 

 

 最終

 上層、中層が存在する天然林の姿を最終の目標としています。

 

 

 

 

 

 

 

「森づくり課」<森を守る>へ戻る

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、mori@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

森づくり課

電話番号:0776-20-0442ファックス:0776-20-0655メール:mori@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)