折尾ほのか選手(バレーボール)

最終更新日 2016年7月20日ページID 035582

印刷

厚生病院

<折尾ほのか選手のコメント>

1.  福井県で就職し、競技を続けるようになった経緯について

 小学2年生から中学・高校とバレーボールを続けてきて、たくさんの方々に応援していただき支えていただきました。福井県で国体が開催されるということで、支えてくださった方々に恩返しがしたいと思いました。

 もともと福井県で就職したいという気持ちがあり、さらに自分がなりたかった職業でもある理学療法士として、働きながらバレーボールも頑張れるということでお話を聞いたとき、運命だと思いました。   

2.  福井国体に向けた意気込み

 地元 福井県で国体が開催されるのは50年に1度ということで、そのような素晴らしい大会に自分が選手として出場できることは大変幸せなことだと感じています。今まで支えてくださった方々、生まれ育った大好きな福井県に恩返しできるよう、自分にできることを精一杯頑張ります。

  

3.  これから福井国体を目指して活動するアスリートの皆さんへ一言

 福井国体まで1年半ほどになりました。自分が不自由なく競技を続けられる裏でたくさんの方々が動いてくださっています。競技ができる環境に感謝し、福井国体で最高の結果が残せるよう、一丸となって頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 折尾競技

 

 折尾勤務

 

 

<会社からのコメント>

1.  役職・氏名

 福井厚生病院 技術部副部長  桑野 寛之

2.  選手に対して

 今年3月に国家試験に合格し、4月より当院に入職しました。 

 新入職員らしいフレッシュな笑顔と素直さが魅力的な理学療法士です。患者さまの機能回復のため、日々勉強しながら業務に励んでいます。慣れない業務の中、毎週の練習を一生懸命頑張っている折尾さんを私たちは全力で応援・サポートしてまいります。  

3.  会社PR

  『厚生』(ウェルフェア)とは、心身の健康を維持・増進して豊かな生活をはぐくむこと。

 私たちはこの理念を礎に『患者さま主体の医療』を実践していくための病院づくりに励んでいます。診断・治療・リハビリテーションを医療の柱として、フィジカルケア(体の健康)とメンタルケア(心の健康)の調和、更には保健・介護・福祉を含む一貫した流れを重視し、みなさまにとって、身近で日常的なお付き合いのできる、やさしく頼りがいのある病院をめざしていきます。 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kyougiryoku@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

競技力向上対策課

電話番号:0776-20-0540ファックス:0776-20-0672メール:kyougiryoku@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)