認知症について

最終更新日 2016年9月13日ページID 006736

印刷

 

1 パンフレット「みんなで支えよう認知症」

 認知症の原因、症状、予防、認知症の人への対応の仕方などを4コマまんがやイラストで分かりやすく学べるパンフレットを作成しました。
 パンフレット「みんなで支えよう認知症」(PDF形式:4,210KB)

 サポーター養成講座スライド(PDF形式:12,223KB)

 スライド 活用マニュアル(PDF形式:193KB) 

 

2 認知症は誰もがなりうる病気です

 認知症とはいろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活に支障を来たす状態です。誰にでも起こりうる脳の病気です。
 認知症は主に、脳全体が萎縮して機能が損なわれるアルツハイマー型認知症と、脳梗塞によって脳細胞が死滅する脳血管性認知症の2つのタイプからなります。
 福井県では、現在、高齢者の約1割の方が認知症となっています。厚生労働省の推計によると、全国では2015年(平成27年)には、認知症高齢者が約345万人になると見られています。厚生労働省公表値 
 そこで、福井県では、住み慣れた地域でできる限り長く生活していただけるよう、一定の年齢において誰もが認知症に関する早期の診断を行う機会を設け、診療につなげることで重症化を防いでいます。

  

3 認知症の相談窓口

 認知症は早期診断と早期治療が重要です。その症状・態様により、治療で治るものや進行を遅らせることができるものもあります。認知症かな?と思ったら、できるだけ早く、下記の相談窓口、専門医療機関にご相談ください。

まず最寄りの相談窓口へ

 

若年性認知症については専用相談窓口へ

 

医療相談は専門医療機関へ

  •  すこやかシルバー病院 住所: 福井市島寺町93-6                   電話:0776-98-2700
  •  松原病院       住所:福井市文京2丁目9-1                   電話:0776-22-3717
  •  敦賀温泉病院     住所:敦賀市吉河41-1-5                   電話:0770-23-8210

 

かかりつけ医・認知症サポート医に相談しましょう

 日頃から受診するかかりつけ医は、患者さん本人や家族の普段の状況をよく知っている、身近な相談窓口です。福井県では、かかりつけ医に対し、適切な認知症診断の知識・技術などを習得するための研修を行っています。 
 まずは、お気軽に、お近くの「認知症研修を修了したかかりつけ医」「認知症サポート医」に相談してみてください。

  • 認知症サポート医 
    国の養成研修を修了し、認知症に関する専門診断・治療ができる医療機関で、かかりつけ医への助言などのサポートをします。また、認知症の正しい知識の普及を推進します。

 「認知症サポート医 一覧」     
※診療時間、診療内容などにつきましては、医療機関により異なりますので、詳しいことは直接、各医療機関にお問合せください。                                  

 

認知症に関する診療を行う医療機関情報 NEW

県内の医療機関に「認知症医療に関する医療機関アンケート」を実施し、掲載について了解を得られた医療機関について回答内容を掲載しています。

予約を必要とする医療機関もありますので、詳細は各医療機関に直接おたずね下さい。

情報は、平成28年1月現在のものです。

  ●福井・坂井医療圏(病院診療所

  ●奥越医療圏   (病院診療所

  ●丹南医療圏   (病院診療所

  ●嶺南医療圏   (病院診療所

  

その他介護の悩みは電話相談で

  • 福井県介護実習・普及センター         電話:0776-24-0086
  • 嶺南地域福祉相談・介護実習普及センター        電話:0770-52-7832
  • (社)認知症の人と家族の会 福井県支部    電話:0776-22-5842(福井市)※夜8時以降
                              0770-25-8742(敦賀市)※夜8時以降

 

4 認知症の方を地域で支えましょう

 認知症になっても本人は何も分からない、何もできないわけではありません。認知症になっても、周囲の理解と気遣いがあれば地域で暮らし続けることは可能です。地域の理解が必要です。

(1)「認知症サポーター100万人キャラバン」 

認知症サポーターとは

 認知症の正しい知識や対応の仕方を理解し、自分のできる範囲で認知症の人を応援するのが「認知症サポーター」です。「認知症サポーター」は、何か特別なことをするわけではなく、まずは「正しく理解すること」がスタートです。
 県や市町、企業、各種団体で開催される「認知症サポーター養成講座」(1時間~1時間半の講義) を受けた人が「認知症サポーター」となり、オレンジリングが「認知症サポーター」の証です。
                                    オレンジリング    
 県長寿福祉課でも出前講座を行ないます。
 いつでも、どこでも、何人からでも開催できます。
 町内会などの地区の集まり、会社、学校、サークルの集まりなど、どんな場でも何人からでもできます。
 日時も参加者の集まりやすい時にあわせて開催できます。講師役となるキャラバン・メイトの紹介も行っ
 ておりますので、県長寿福祉課または各市町の高齢者福祉担当課にお問合せください。 
         各市町担当課一覧(PDF形式:87KB)

  平成28年3月末現在 県内認知症サポーター数 89,804人   

認知症サポーター100万人キャラバンとは

 全国において、5年間で100万人の認知症サポーターを養成し、各地で活動する社会状況を創出することを目的とした運動です。 ・・・認知症サポーター100万人キャラバン ホームページ

(2)認知症地域支援体制づくり

 認知症の方とその家族が、身近な地域で安心して暮らせることを目指し、地域のさまざまな資源をネットワーク化し、有効な支援体制をつくります。   

(モデル実施市町)

越前市:平成19年~平成20年   若狭町:平成19年~平成20年
敦賀市:平成21年~平成22年     福井市:平成23年~
鯖江市:平成23年~          美浜町:平成24年~

主な事業内容
地域資源マップの作成

 地域包括支援センター、医療機関、介護保険事業所等、認知症に関する機関の情報を収集・整理した「地域資源マップ」を作成します。

★若狭町の地域支援マップ
 若狭町内の認知症に関係する機関や認知症の説明を掲載したマップをホームページに掲載しています。
 「若狭町認知症地域支援マップ」

★敦賀市の地域支援マップ
 敦賀市内の認知症に関する機関の情報・マップをホームページに掲載しています。
 「敦賀市認知症ほっとけんまちマップ」

徘徊SOSネットワークの構築

 徘徊のおそれのある認知症の方を事前登録しておき、徘徊が起きたときに早期発見・早期対応ができる仕組みを作ります。
 地域住民の他、警察、消防、公共交通機関等とも連携します。

★越前市の「徘徊SOSネットワーク」
   越前市では平成20年7月より越前警察署、南越消防組合、福井鉄道(株)自動車部、市内タクシー業者などと協力体制を組んで、徘徊による行方不明者などの発見・保護にあたっています。

★敦賀市の認知症高齢者及び障がい者徘徊等SOSネットワークシステム
 敦賀市では、認知症高齢者や障害者(児)の方が行方不明になった際に、携帯電話やパソコンのメールを利用して情報を配信し、協力機関や地域住民の協力を得て行方不明者を早期に発見・保護するための情報連携システムの構築に取り組んでいます。
   「敦賀市認知症高齢者及び障がい者徘徊等SOSネットワークシステム」

見守りネットワークの構築
 認知症の方やご家族が地域において孤立しないよう、ボランティアや関係者により、日々の声かけ等を行います。 
認知症の啓発

 地域の方に認知症を正しく理解してもらうため、「認知症サポーター養成講座」や講演会等を開催します。

 ★越前市の「オレンジメイト劇団」
 越前市では、「オレンジメイト劇団」を結成し、寸劇を用いた「認知症サポーター養成講座」を実施しています。お揃いのオレンジ色のTシャツを着て活動しています。寸劇で認知症を学ぶことは子供たちにも分かりやすく好評です。

     オレンジメイト(認知症サポーター養成講座のようす1.)   オレンジメイト(認知症サポーター養成講座のようす2.)                                    
                                                                        

★敦賀市の「シンボルマーク」
 敦賀市では、「認知症ほっとけんまち敦賀」をスローガンに、シンボルマークを作成し認知症にやさしいまちづくりに取り組んでいます。
              認知症ほっとけんまちシンボルマーク    

  

5 その他 関連リンク 

  • 認知症介護研究・研修センター(DCnet) 
    認知症介護研究・研修センターが運営する認知症介護に関する認知症介護情報ネットワークのサイト。認知症介護に関する情報の共有化、認知症介護研究の促進、介護職の教育支援などを行っています。
     
  • 若年性認知症コールセンター
    認知症は高齢者だけの病気ではありません。若年性認知症コールセンターが開設するホームページでは、若年性認知症に関する情報が多く掲載されています。また、一人で悩まないで、電話無料相談も開設されておりますので、お気軽にご相談ください。

 

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、choju@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

長寿福祉課在宅ケア推進グループ

電話番号:0776-20-0332ファックス:0776-20-0642メール:choju@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)