併設型中高一貫教育

最終更新日 2014年2月5日ページID 022338

印刷

 県では、県立高志高等学校に県立中学を併設して6年間の一貫した教育を行う併設型中高一貫教育の導入を検討
しています。

福井県における併設型中高一貫教育の導入について

 県では、「県立高等学校改革検討委員会」(以下、検討委員会)を設置し、既存の県立高校に県立中学を
併設して6年間の一貫した教育を行う併設型中高一貫教育の導入を検討しています。
 中高一貫教育は、平成11年度に制度化され、市町の中学校と近くの都道府県立の高校が連携する「連携型」、
都道府県立の高校に同じ設置者による中学校を併設する「併設型」、高校での募集を行わず6年間の一貫教育
を行う「中等教育学校」の3種類の形態があります。
 福井県では、これまであわら地域、朝日地域、三方・美浜地域等で「連携型」の中高一貫教育を実施し、大学進学
や部活動等において一定の成果を収めてきましたが、公立の「併設型」の中高一貫教育校はありませんでした。
(私立の併設型中高一貫教育校は2校あります。)

 併設型中高一貫教育校では、中学校入学段階で適性検査や面接等で入学者を選抜しますが、中学卒業後は
無選抜で併設高校に進学できます。
 また、高校入試による募集も行うため、中学校から入学した生徒と高校から入学した生徒が、切磋琢磨しながら
将来の夢や目標の実現に向けて高校生活を送ることができます。
 

併設型中高一貫教育校のイメージ図

  全国的には、現在36都府県の74校の公立高校が併設型中高一貫教育を行っています。
 併設型中高一貫教育校では、文部科学省が認めた特例を活用し、中学・高校の6年間を見通した弾力的な教育
課程を実施することが可能です。
 例えば、先行して併設型中高一貫教育を行っている県外の中高一貫教育校では、中学校において高校の内容を
一部先取り学習し、高校でも教科書の学習進度を早めて十分な時間をかけて大学進学の準備を行うことや、
中学・高校の6年間を通して自分の興味あるテーマについて課題研究を行い、論文にまとめたり発表会を開催したり
することなど、様々な特色ある教育が行われています。

福井県立高等学校改革検討委員会において、福井県の中高一貫教育に関する提言をとりまとめました            (平成25年1月) 

   県立中学校の設置について、検討委員会では、小・中学生の児童生徒数や生徒の通学の便などを総合的に考慮して、
概ね2年~3年後を目途に、普通科を主とする高校に設置するという「福井県における中高一貫教育の推進について」の提言をとりまとめました。 
 以下をクリックしてご覧ください。


  提言(ポイント)
  提言(全体)

  

県教育委員会において設置方針を決定しました(平成25年3月)

 平成25年3月25日の県教育委員会において、本県における併設型中高一貫教育校の設置について協議を行い、
設置方針を決定しました。
 県教育委員会の設置方針については、以下をクリックしてご覧ください。

 福井県における中高一貫教育校(附属中学併設)の設置方針

 

公立中高一貫教育校の開設準備に関する検討状況について(平成25年6月)

  平成25年6月7日の県教育委員会において、本県における併設型中高一貫校の開設に向けた検討状況について別添のとおり発表しました。

 内容については、以下をクリックしてご覧ください。

 中高一貫教育校の開設準備に関する検討状況

 

併設型中高一貫教育校説明会のご案内(※H25年度説明会は終了しました。)

 内容・申し込みについては、以下をクリックしてご覧ください。

 併設型中高一貫教育校説明会 (H25説明会を掲載しています。)  

 H25年度説明会でのパンフレットは、以下をクリックしてご覧ください。

 福井県立高志高等学校における中高一貫教育について(パンフレット)

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、koukou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

高校教育課

電話番号:0776-20-0568ファックス:0776-20-0669メール:koukou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)