福井大学医学部附属病院の総合周産期母子医療センター指定について

最終更新日 2012年8月1日ページID 018217

印刷

指定の概要
 

 平成24年8月1日より、福井大学医学部附属病院を総合周産期母子医療センターに指定しました。

 総合周産期母子医療センターは、合併症のため出産にリスクがある妊婦や、低出生体重児、障害のある新生児等に対して、高度で専門的な医療を提供する医療機関であり、福井県立病院に次いで県内で2カ所目となります。

 2つの総合周産期母子医療センターがこれまで以上に緊密な連携を取ることで、リスクの高い妊婦や新生児の受け入れ体制の安定化、医療従事者の負担軽減、提供する医療の質のより一層の向上が図られ、より安全で安心な周産期医療体制が整備されます。

【指定日】
   
   平成24年8月1日

【病床数】

   母体・胎児集中治療管理室(MFICU)   3床
   新生児集中治療管理室(NICU)       6床
   新生児回復期治療室(GCU)               6床

関連ファイルダウンロード



※PDFをご覧になるには「Adobe Reader(無料)」が必要です。

Adobe Readerのダウンロードサイトへリンクダウンロードはこちら

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、kennzou@pref.fukui.lg.jpまでメールでお送りください。

お問い合わせ先

健康増進課

電話番号:0776-20-0349ファックス:0776-20-0643メール:kennzou@pref.fukui.lg.jp

福井市大手3丁目17-1(地図・アクセス)
受付時間 月曜日から金曜日 8時30分から17時15分(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)